海外では、フェラーリカラーの電車があったり、地方都市では航空会社とのタイアップ電車が走ったりしていますが、新幹線がコラボするのは初めてなのでは。

今年、山陽新幹線は全線開業40周年となります。また、「エヴァンゲリオン」もTV放送開始から20周年。

これらを記念し、今秋よりJR西日本は 「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」を始動すると発表しました。

エヴァンゲリオンデザイン、紫の新幹線が!、幹線エヴァンゲリオン プロジェクトが始まります!


山陽新幹線を、「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督が監修、メカニックデザイナーの山下いくと氏がデザインにする「500 TYPE EVA」車両が誕生します。

車内でも、エヴァンゲリオンの世界観をテーマにしたコンテンツが楽しめます。

プロジェクト期間中は、記念旅行商品や記念グッズの販売などの催しも予定されています。

期間は、平成27年秋から平成29年3月まで。

博多駅6時36分発の「こだま730号」新大阪駅着11時14分と、新大阪駅11時32分発の「こだま741号」、博多駅16時7分着での運転予定。

予想イラストを見ると、新幹線が紫になるのですから、目立ちますよね。

「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」始動!今秋より「500 TYPE EVA」を運転します