初めて海外に行った時は海外旅行保険に入りましたが、二度目からはクレジットカードでも保証はあるしと、海外旅行保険に入っていません。

ですが、日本の感覚で海外の医者に行ったらとんでも無いことになるのです。

ネットに出ていた、とんでも無い医療費の最高額は$2,422,772.45、これは2014年のレートで約2億4千万円なので、今なら3億円です。

海外旅行に行くなら保険は重要!盲腸で100万超え、ガラガラヘビに噛まれたら1,900万円です!2 

盲腸になり、治療を受けると2013年11月のレート(1ドル=100円)で約111万円、今なら約138万円です。

アメリカに旅行に行き、運悪くガラガラヘビに噛まれた方の話題が。

命に別状はなかったのですが、請求書を見て昇天すたのです。

薬が約1000万円、臨床検査サービスが約280万円、中間ケアルームが約260万円、集中治療室が約220万円、救急医療サービスが約70万円、治療サービスが約18万円、放射線が約12万円特別サービスが約6万円。

総額約1900万円の請求が!

海外旅行に行くなら保険は重要!盲腸で100万超え、ガラガラヘビに噛まれたら1,900万円です! 

アメリカの自己破産の大半は医療費によるそうですが、これを見ると納得出来ますね。

上級のクレジットカードだと、海外旅行の補償1億円が付帯するカードあり、1億円なんて意味のない数字と思っていたのですが、補償1億円は必要かも?

日本の常識で海外に行くととんでもないことになりますね。

This is the cost of a Rattlesnake bite in America

アメリカで請求されたとんでもない高額医療費の実例14例


 カテゴリ