ボーイング787の初号機「ZA001」が日本に寄贈されるとのニュースを日本経済新聞が伝えています。

日本経済新聞 電子版「787」1号機が中部空港へ ボーイング、譲渡で調整

ボーイング787の2号機「ZA002」はピマ航空宇宙博物館へ、そしてボーイング787の3号機「ZA003」はシアトルのミュージアム・オブ・フライトに寄贈。

ボーイングは、B787型機「「ZA001」を日本に寄贈!価値ある記念すべき初号機です! 

それ以上に価値のある記念すべき初号機の「ZA001」が日本に寄贈されるとの事なのでこれは驚くべきニュースなのです。

このボーイング787初号機「ZA001が展示されるのは中部国際空港(セントレア)。
6月下旬にアメリカから中部空港へ空輸される予定。

なせ、中部国際空港(セントレア)なのかは、セントレアが日本で製造された787の胴体や主翼などをアメリカへ空輸する基地となっているからで、周辺に重工各社の工場などがあり、ボーイング787のもっともゆかりの深い空港なのです。

ZA001は2009年12月15日初飛行し、試験飛行を終え2011年12月からアメリカ・カリフォルニア州のパームデール・リージョナル空港で保管されていました。

試験機なのでしょうか?

展示するのはもったいない気もしますが。

 カテゴリ