今月25日、パリ発ニューヨーク行きのエールフランスの旅客機に脅迫電話があり、米軍戦闘機が緊急発進しFK空港まで誘導する騒ぎがありました。



脅迫電話を受信したのは米東部メリーランド州の州警察情報収集センターで「化学兵器が載っている」と言う匿名の電話。

コロラド州コロラドスプリングスの北米航空宇宙防衛司令部が、警戒措置としてF15戦闘機2機を緊急発進させて、同機をニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港まで誘導。

着陸後同機を捜索したFBIは、脅迫は虚偽だったと発表しました。

25日は、米国行きの複数の旅客機に対しても脅迫がありすべて虚偽で、同一人物によるものとみられています。

電話一本でこんな騒ぎになってしまうのですから。困った事ですね。

米行き旅客機計10便を脅迫 「化学兵器載せた」と電話 米戦闘機の護衛も


 タグ
None