私はトイ・プードルを飼っています。

出来るならワンコと一緒に旅行に行きたいですよね。

これからますます暑くなってくるので、ワンコにとっての飛行機旅行は大変なのです。

人間と一緒ではなく、ゲージに入れられ貨物室ですから。

過去に夏場の旅行でANA便で移動中のワンコが死んでしまった例もありますから。

特に夏は厳しいようで、エア・ドゥは、6月1日から9月30日まで、全便犬種限定で預かりを中止すると発表しました。

ワンコ連れ旅行に制限が!エア・ドゥは、6月から9月まで、犬種限定で犬の預かりを中止に!

飛行機に乗れなくなったのは、ブルドッグなどの短頭犬種です。

短頭犬種は、他の犬種と比較して高温多湿に弱く気道が狭いために、高気温の状況下において興奮による呼吸障害に伴う熱中症を発症するなど体調に変調をきたす恐れがあるしており、2013年までは7月から預かりを中止していたものの、気温が上昇していく6月も対象とするとしています。

対象となる犬種は、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストン・テリア、ブル・テリア、キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズで、この13種以外は類似した名前であっても預け入れることは可能となります。

家はトイ・プードルなのですが、このような発表があると怖くて乗せられませんね。

その前にワンコと一緒の飛行機旅行の予定はありませんが。

短頭種犬のお預かりの中止について/搭乗手続き/AIR DO


 タグ
None