海外の空港は、空軍基地が併設されている場合も有り、たかが撮影でも注意が必要のようです。

海外での航空機撮影は注意が必要!ドバイで航空機の撮影を行っていた男性が2ヶ月間の禁固刑?

今回の事件は、ドバイの空港で航空機の撮影を行っていたイギリス人男性に対し、空港当局が2ヶ月間の禁固刑に処する可能性も有るとの、重大な警告を与えたのです。

ドバイのアール・マクトゥーム国際空港とドバイ国際空港では、写真撮影やビデオ撮影は当局の許可が必要なのです。

これは、撮影された写真や映像を悪用され空港施設テロ攻撃などの標的になることを防ぐためです。

これに違反すると、最大で3ヶ月の懲役または5,000UAEディルハム(約162,000円)の罰金が科せられます。

今回のイギリス人男性は、罰金ですんだのか懲役になってしまったのか、その後の話は出ていませんでした。

海外旅行での撮影は、現地の法令やルールを事前に調べておかないと、取り返しのつかないことになりかねないですね。

UAE residents warned against photographing aircraft | The National

 タグ
None