これは、上海(虹橋)から広州に向かう上海航空の機内で起きた事件です。

飛行機の座席もバスと同様早い者勝ちと勘違いした男性が他人の座席を占有!警察に拘束される事件に!

38歳の男性が他人の座席を占有し続け、飛行機の出発を数時間遅らせれたことを理由に現地警察に拘束されました。

こののトラブルの発端は、38歳の男性が飛行機の座席も公共バスと同様、早い者勝ちと勘違いしてい事。

スタッフが説明しても、この男性は他人の席に座り続けたのです。

電車が来るのを指定場所で並んで待っている時に、列に関係なく乗り込んでくる外人さんがいますが、これと同じなのでしょうね。

今回に事件は飛行機なので、その座席に座る乗客にも被害が及ぶので、困り果てた航空会社スタッフが警察を呼び、強制的にその男性は飛行機から降ろされました。

学力もない乗客がこのような問題を起こしたのかと思ったらそうではないのです。

この男性は上海の有名大学の博士課程に在籍していおり、精神にも問題はなかったのです。

たとえ高学歴でも、このような問題を起こすのですから、教育にマナーを取り込んでもらわないとと思います。

日本では小学生の授業から道徳がありますから。

男子为看风景占座 导致飞机延误被拘


 タグ
None