ブラジルのTAM航空の機体が乱気流に巻き込まれ、離陸から40分後にリオデジャネイロ空港に引き返すという事故が起きました。

その時のニュースは、2015年2月2日にブログで紹介しています。

恐怖の45分間!乱気流で雹と雷とが直撃!機体が破損し空港へ戻る事故が。
http://anajalsumile.blog67.fc2.com/blog-entry-1629.html

その事故の詳細がTwitterに書き込まれていました。




この事故は、乱気流に突入した機体に雹と雷が直撃するという凄まじい物だったのです。

機体の先端が破損した写真は以前も見ましたが、操縦席のガラスが破損しタイル写真なども紹介されていました。

また、FLIGHT CLUBでは、より詳しい情報が公開されています。

Hail Caused All Of The Damage On This Plane

私も今年1月のフライトで乱気流が発生し、機体が少し揺れました。

それだけでも怖かったのに、この状況ですから恐怖のどん底、死を考えるくらいの怖さだったのではと思います。

 タグ
None