民事再生手続き中のスカイマークが、TYO(TYO、4358)がブランド再生を支援すると発表しました。

スカイマークを無償で支援することが決定したTYOは何者?またその目的は?

TYOは、再生計画が始まる7月下旬までを目途に、無償で支援していくとの事です。

TYOは、広告代理店ではなく広告制作会社。

今回の支援はクリエーターやスタッフの派遣、ノウハウ提供を行うとの事です。

TYOが無償とした経緯については、SKYが民事再生中で新規投資が難しいことが要因としていますが?

通常CM制作などの仕事を獲得する場合は競合となり、多くの出費があります。

TV放映料などを含めると数億円。
コンペに
自動車会社や飲料、通信などの大きな仕事の場合は30億円とかの場合のまります。

当全電通や博報堂、ADKや東急エージェンシーなどの大手広告代理店仕切りです。

その内の数億円がCMなどの制作費。

コンペに2~3,000万円掛けることも。

それはコンペ時のビデオコンテ。

より完成形に近い物を見せた方がクライアントの素人の重役はこれがいいと言いやすいからです。

なので今回の制作会社のTYOの無償での支援は上手いことをやったとしか思えません。

これが成功すれば、今後はコンペではなくCM制作などの仕事が無条件で獲得できるからです。

SKYの再生支援を手掛ける投資ファンドのインテグラルとTYOは資本関係はないという事ですが、過去にTYOの増資に関係しているので、これも投資ファンドの事ですね。

広告関連で大きな仕事の場合は、広告代理店のコンペ参加は無償が当たり前。

なのでこの件は気になりますね。

スカイマーク、ティー・ワイ・オーとブランド構築 早期事業再生へ


 タグ
None