これは今月5日(現地時間)にニューヨークで起きた珍事です。

ナッツの出し方が違うと大韓航空副社長が激怒!飛行機を引き返さる珍事に!

米ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港発韓国(仁川)行の大韓航空機に、趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長が乗客として搭乗していました。

もちろん、ファーストクラス。

ところが趙副社長に、客室乗務員が袋に入れたままナッツをサービスしたら怒りだしてしまったのです。

ナッツの出し方がマニュアル通りではなかったためで、責任者を呼び出し質問したところ、なにも答えられなく、さらに激怒。

機体を搭乗ゲートに引き返させ、この責任者を飛行機から降ろしたのです。

他の乗客の事を一切考えないこの行動に対し、多くのネットユーザーが副社長を非難するコメントを寄せています。

この副社長をはじめ、兄弟姉妹そろって、トラブルメーカーだったとの記事も。

“大韓航空の姉・弟・妹”の過去がネットで盛り上がっているようです。

このナッツ問題の影響なのか、大韓航空副社長は辞表提出したとの発表が。

ネットで騒がれると、こうなってしまうのですね。

副社長問題、大韓航空の兄弟姉妹は“トラブルメーカー”だった…?

 カテゴリ
 タグ
None