成田空港は、第2旅客ターミナルの本館とサテライトを結ぶシャトルを撤去。

今年9月より併用を開始した動く歩道の連絡通路を拡張して来年4月中旬にオープンする「寛ぎの大空間」に、TOTOとのコラボレーションで、日本のトイレの良さが体感できる「GALLERY TOTO」を設置します。

外人ビックリ!成田に最新トイレを体験できスペースが!成田空港にくつろぎの大空間がオープン!

TOTOの最新機器を導入して、日本のトイレ文化・技術力を世界に発信していく“ギャラリー型トイレ”なのです。

映像パネルを採用するなど、上質なアート空間としても楽しめ、従来の空港のトイレとは一線を画した斬新なトイレです。

ウォシュレットは日本独自の商品です。

ウォシュレットの慣れてしまうと、トイレにウォシュレットがなかったらがっかりしますよね。

日本のトイレは、世界で一番進んでいるので、海外の大富豪は日本に来るとトイレを購入していくとのことを聞いたことがあります。

大和ハウスなどハウジングメーカーなどが海外進出を発表しています。

アジア圏の国で、今後発展が見込める所ですね。

日本の住宅を海外に再現。

日本では当たり前のトイレがあるだけで、高級住宅になってしまいます。

インドなどはトイレが自宅にある習慣がないと聞いたことがあります。

渋谷再開発で注目の東急は、待を作るとか。

渋谷沿線の何もない田舎に田園都市線を作り、高級住宅街を作ったか経験を活かすとか。

トイレは重要になりますね。

TOTOの最新機器を導入た“ギャラリー型トイレ”はまさに日本企業のイメージの代表になるのではと思います。

たかがトイレですが、トイレが綺麗ならボロ宿でも印象変わりますから。

逆にどんな高級旅館でもトイレにウォシュレットがなく、和式だったらがっかりしますよね。

第2旅客ターミナルビルに寛つろぎの大空間がオープン!


 カテゴリ
 タグ
None