インドのスラート空港で、離陸体制中のボーイング737型機が牛と衝突し、緊急停止する事件がありました。

水牛が突然滑走路上に現れて、ボーイング737型機の左エンジンと衝突したのです。

離陸体制中のボーイング737型機が牛と衝突!

事故を起こしたのは、インドの格安航空会社 (LCC)のスパイスジェットです。

この事故による死者はいませんが、2名の乗客が怪我をし、衝突した水牛が死亡しました。

水牛は空港にあるフェンスの穴から進入してきたとみられ、穴は既に修復されています。

スパイスジェットのパイロットは、「本当に突然の出来事だった。」と話ており、衝突は避けられなかったとの事です。

この事故を受け、民間航空省はすべての空港を点検するように関係各所に通達しました。

離陸体制中に突然水牛が現れたのではどうすることも出来ませんね。

日本でも、鹿や猪がなんてことは有り得る話です。

空港の管理がしっかりしているので、そのような事は起こらないとは思いますが。

After SpiceJet Flight Hits Buffalo On Runway, Nationwide Airport Security Review


 カテゴリ
 タグ
None