エアバスは新しいスタイルの、遊園地のジェットコースターの座席の様なシートの特許を出願!
エアバスの最新航空機は遊園地のジェットコースターのような座席に!立ち席のモデルを特許出願 ! 
これは立ち席スタイルの座席で、過去にもLCC(格安航空会社)が検討していました。

ライアンエアは、本気で考えていたのですが計画は打ち切リになっています。

LCC(格安航空会社)が検討するのと、エアバスが検討するのでは実現性が全く違いますよね。

今回エアバスが提出したのは折りたたみが可能な立ち席スタイルの座席です。

折りたたむことによって移動に必要なスペースを確保し、さらなる座席数の確保が可能となっています。

デザインは自転車のサドルのようなシートになっており、シートベルトを装着するとまるでジェットコースターの座席の用な感じです。

この立ち席導入は長距離ではなく、短距離限定。。

短い国内線なら座る必要はなく、立ち乗り席を導入することは合理的なアイディアとの事です。

バスや列車で長時間かけて座って移動するよりも、旅客機で立った状態での短時間移動で料金が安いほうが効率的なのではということです。

私も娘の希望でユニバーサル・スタジオ・ジャパンにオープンしたウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターのことを調べていますが、新幹線で行くよりスカイマークで神戸に行ったほうがお得ではと考えていましたが、東京→大阪間が立ち乗り席の飛行機で1人3,000円くらいなら飛びつきますね。

日本でも導入して欲しいです。


 カテゴリ
 タグ
None