アメリカで最も安い格安航空会社(LCC)の一つとして知られているフロンティア航空での出来事です。

ワシントン発デンバー行きのフロンティア航空719便は、午後7時40分にワシントンを出発したのですが、デンバー周辺の悪天候で、シャイアン空港に着陸して天候の回復をまつ事になってしまいました。

格安航空会社(LCC)なので機内には食料はなく、160人の空腹の乗客は動揺していました。

すると機長は、空港近くのピザ店に35枚のピザを注文したのです。

160人を養う必要があるので一刻も早くとの注文。

シャイアン・ドミノのPizza店は、フル回転でピザを焼き飛行機まで届けたということです。

格安航空会社(LCC)の機長が自腹で乗客にサービス!何と160人分にピザを! 



機長は『女性と紳士、フロンティア航空は、アメリカで最も安い格安航空会社の一つであることで知られていますが、機長は安物ではありません。私が今、全ての乗客分のピザを注文しました。』と機内放送。

これはビックリと言うか乗客は嬉しかったでしょうね。

たかがピザですが160人分を自腹で乗客にサービスするなんてさすがアメリカですね!

その後、午後10時30分頃フロンティア航空機はシャイアンを出発、予定の時刻のほぼ5時間後、真夜中過ぎにデンバー国際空港に到着しました。

Frontier Airlines pilot buys pizza for stranded passengers on flight

 タグ
None