本田技研工業の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニーは、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の量産初号機が初飛行に成功したと発表しました。

ホンダは、ヤマハ・スズキ同様2輪メーカーから自動車へ。

そして今度は小型ビジネスジェット機!

ホンダジェット量産初号機は、米ノースカロライナ州グリーンズボロ市のピードモントトライアッド国際空港を離陸し、飛行特性や各種システムの機能試験後、同社従業員1000人以上が見守る中、飛行試験を終えて着陸しました。

ここまで来るともう安心ですね。ですがだれが買うの?と思ってしまいます。

巡航速度778km/hで、航続距離性能は1,180nm(2,185km)。

ホンダジェットのページを見たら、ニューヨークからシカゴ、ロンドンからローマなどと出ていました。

ターゲットはアメリカ国内で移動が多いお金持ちだと思われました。

定員は乗員1名+乗客5名なので、空飛ぶステップワゴンみたいな感じですね。

お金がある方ならワンランク上の小型ビジネスジェット機を買うのでは?

ですが、価格は450万ドル(約4億000万円)とジェット機としては安いようで、すでに米国などで100機以上の受注ががり、2015年には納入する予定とのことです。

Honda | HondaJet


 タグ
None