乗客が乗った飛行機、トイレは重要なのですね。

特に国際線の様に飛行時間が長い場合はトイレに異常がある場合は空港に引き返えしてしまうくらいです。

10日午前0時半ごろ、モスクワ発成田行きJALのボーイング787型機は、モスクワの北東約2200キロを飛行中、トイレなどが作動しなくなり、空港に引き返しました。

飛行機のトイレが故障したら?

モスクワの空港に戻れたのが3時半ごろです。

3時間かけてでも空港に戻るのですね。

機内に7カ所あるトイレがほとんど流れなくなったほか、機内食を調理する設備の一部も使えなくなっていました。

乗客乗員151人です。

151人分のトイレですか問題ですね。

それにしてもボーイング787型機、故障多いですね。

787型機トイレ使えず=防氷装置故障も、2便引き返し―日航

JALのプラチナカードです!
 カテゴリ
 タグ
None