松井秀喜氏は、先日ニューヨーク・ヤンキースと1日だけの契約を結び、引退セレモニーを行ったのが話題になりましたよね。

ニューヨーク・ヤンキース時代は活躍しましたが、やめて他の球団に移った人が1日だけとはいえ、ニューヨーク・ヤンキースに復活するなんて、これは成績だけでなくそれだけ愛されていたというか、彼の人柄が大きく影響しているのではと思います。

この松井氏は今でも日米の往復の際、日本航空(JAL)を利用しているのです。

かつてJALとイメージキャラクター契約を結んでいたのが縁なのですが、今は単なるビジネスの関係を超えた関係として、今もつながっているのです。

松井氏がJALと契約していたのは、ヤンキースに移籍してプレーを始めたのは2003年シーズンです。

JALのテレビコマーシャルの他、ヤンキースのユニホーム姿でバットを構えた松井氏の大きな顔を機体に描いた「松井ジェット」も飛んでいました。

JALと元ヤンキース松井秀喜氏 

この契約の前は特にJALの「ヘビーユーザー」ではなく、ヤンキースの入団会見のため渡米した2003年1月の報道を見ると、利用したのは当時の米コンチネンタル航空(現ユナイテッド航空)です。

また読売ジャイアンツ時代はANAの搭乗のほうが多かったのでは。

しかし、今はJALなのです。

JALと、松井氏とのキャラクター契約は2004年12月で終了しているのですが。

現役時代も、毎年2月の渡米、12月の帰国の際には、毎回JALを使っています。

現役を引退後、日本に帰国した時は成田空港にJALの大西賢会長が出迎えるという超VIP待遇でした。

それには理由があったのですね〜。

JALが会社更生法を申請して経営破たんし、その一番つらいときにこんなメッセージを送っていたのです。

大リーグでは新人からのスタート、言葉の壁に膝のけがやスランプにも見舞われた。だが「そんな時も、僕は一人ではなかった。何十万人、何百万人もの日本のファンがいつもいてくれた」と、心強い応援に感謝する。

「JALもけっして忘れないでほしいと思う。JALを応援する人が、ここにいることを」

このメッセージは社内で回覧され、後に機内誌にも掲載されています。

JALと元ヤンキース松井秀喜氏の10年愛


昨年松井氏がタンパベイ・レイズに移籍。

チームでの成績は芳しくなかったのですが、今度はJALの社員1400人が松井氏を励まそうと手紙を書き、同社のニューヨーク支店長が試合のためニューヨークに来ていた松井氏を訪ね、渡したのです。

キャラクター契約はたったの2年間で、とうの昔に切れています。

それでも松井氏とJALの関係は続いているのですね。

JALのプラチナカードです!
 カテゴリ
 タグ
None