運航開始から1年も経たない日本のLCC(格安航空会社)が早くも転機を迎えている。

マレーシアのLCCであるエアアジアは、ANAホールディングスと合弁で運営するエアアジア・ジャパンについて、合弁を解消する可能性があることを明らかにしました。

エアアジアの持つ49%の株式はANAが買い取る方向で調整しているそうです。

両社の関係にひびが入った原因は、経営方針をめぐる対立です。

エアアジアは世界共通の販売・運営システムの使用を求めたほか、「初年度からの黒字化」という高い目標を設定。

一方、ANAから派遣されたエアアジア・ジャパンの経営陣は、これを日本の市場になじまないと考え、度々意見を対立させました。

予兆もありました。

運行開始からわずか4カ月余りの昨年12月、エアアジア・ジャパンの岩片和行社長が代表権を持たない会長に退いたのです。

同社は「会長と社長で役割分担を行うことで、意思決定を迅速化する」と説明しましたたが、実質的な更迭だったのです。

「エアアジアのマレーシア本社は機材をグローバルで共同購買し、グループ各社に定期的に引き取らせています。

ですが、『就航したばかりで、そんなに受け入れられない』と突っぱねたため、外されたようだ」と他社の幹部は見ています。

また、LCCの生命線である搭乗率も上がらなかったのです。

ゴールデンウイーク(GW)の国内線の搭乗率は同じANAグループであるピーチ・アビエーションの91%に対し、68%と苦戦したのです。

経営方針の違いに業績の低迷が重なったことで、豪腕経営者として知られるエアアジアのトニー・フェルナンデスCEOが、三行半をたたきつけたのですね。
 カテゴリ
 タグ
None