ANA(全日空)は16日、国内・国際線で運航している787型機17機すべての運航を取りやめ、緊急点検を行うと発表しました。

同型機が就航している路線では、別の機種で運航するとのことです。

同型機を7機保有するJAL(日航)も、同日中は787型機の運航を見合わせるそうです。

ANA(全日空)は16日午前、篠辺修副社長らが東京都内で記者会見を開き、「大変なご心配とご迷惑をおかけした」と謝罪しました。

トラブルが発生した機体は、機内前方の「電気室」で煙を検知しており、「搭載しているバッテリーの損傷などを確認している」との事です。

ANAとJALともに、期待の最新旅客機・ボーイング787だったのですが残念な話ですね。
 カテゴリ
 タグ
None