家のママさんは双子のお母さんです。

双子がお腹にいた時はすごいお腹でした。

でも~。

今の1人くらいは入っていそうなお腹です。

航空会社により若干の差はありますが、だいたいは28週以上の妊婦(妊娠7~8カ月以上)であれば、搭乗の際に医師の診断書を求められることがあります。

ニュージーランドの空港で、21歳の女性が妊娠の診断書を求められました。

ところが、彼女は妊娠などまったくしてなかったのです。

ケルシー・ヒュースさん(21歳)さんは、オーストラリアのジェットスター航空のフライトはニュージーランド国内のウェリントンからクライストチャーチ行きの飛行機に乗る予定でした。

彼女が搭乗しようとすると、ジェットスター航空の男性職員がケルシーさんの腕をつかみ、「奥様、失礼ですが医師の診断書をお持ちでしょうか?」と尋ねてきたそうです。

ケルシーさんが、「いったい何の診断書のこと?」と男性に疑問をぶつけると、「お客様の妊娠についての診断書です。妊娠なさっていますよね?」と言われたそうです。

妊婦でも何でもなかったケルシーさんは、恥をかかされたと憤慨して立ち去り、その後に航空会社から謝罪を受けたとのことです。

ジェットスター航空では28週以上の妊婦が搭乗するときは、医師からの診断書を義務づけていることから、男性職員はケルシーさんが少なくとも7ヶ月の妊婦だと思い込んだようです。

ケルシーさんはハイヒールを履いていたり、鞄をかかえていたりと、妊婦を強調する出で立ちではなかったと主張しています。

欧米人には太った人も多いですが、彼女の場合は妊婦と間違えられるような体型でもなかっただけに、憤るのも無理はないかもしれません。

家のママさんもこの様に間違えら絵rたら激怒ですね!

電車に乗っている時など、自分が座っていてそれらしい方か眼の前に来たら迷いますよね。

もし間違えて席を譲ろうとしたら失礼極まりないことになってしまいますからね。

 カテゴリ
 タグ
None