ANAは、国際線エコノミークラス機内食の通信販売が累計100万食を突破したと発表しました。


新型コロナウイルスの影響で、国際線が運休となり、大量の機内食が余ってしまう状況で、5月下旬にグループ会社向けの販売が始まりました。

そこで課題を抽出し、10月30日に一般販売することが正式決定し、2020年12月11日から販売が始まりました。

販売当初は当初は売り切るまでに数日かかっていたとのことですが、すぐに人気商品となり、1月に販売された時は予定数が約30分で完売。

これがネットで話題となると、買いたくても買えない人気商品になりました。

ANAの機内食通販が、販売から約8か月で100万食を突破!

さすが国際線の機内食と言った感じで見た目的にも美味しそうですよね。

これならお子様も大喜びで食べてくれます。

これだけではなく、機内で使われているトレーや食器がセットになった「機内食ごっこセット」も登場。

この商品は、お子様向けの普段の昼食もこのトレイを使えば機内食になると大人気で、今も売り切れとなっています。

12個セットが9,000円(税込・送料無料)なので、一食当たりの金額は750円です。

これが100万食突破なので、単純計算で7億5千万円の売り上げです。

ANAファーストクラスで提供されていいるこだわりのカレーや、ANAファーストクラスのシェフパティシエが監修したこだわりのフィナンシェなども販売されており、これらはギフトプレゼントとして人気とのことです。

ANA公式ギフトショップ 楽天市場店
 カテゴリ
 タグ
ANA