香港にかわる観光地として、マカオが大人気となっています。


2019年のマカオ入境延人数が史上最高を更新し、1.94億人、2018年の1.79億人より9%増で連続7年増加との発表です。

香港での「反送中デモ」(逃亡犯条例改正反対デモ)の影響で、従来香港で過ごしていた本土客がマカオに流れたことや、出入境審査のスマート化、自動化などによって通関速度が短縮されたことなどが原因のようです。

日本からマカオへの行き方は、直行便を利用するか、香港空港からフェリー(約1時間)で行くかになるのですが、香港経由が人気。

直行便はフライトの本数が少なく、航空券の料金も高め。

それに対し、香港ならLCC(格安航空会社)が就航しているので航空券の値段が安いく、就航している航空会社も多いいので自分のスケジュールに合わせやすいからです。

このような事があるので、香港エクスプレス航空は、香港経由でマカオへ!と題したセールを開催しています。

香港エクスプレス航空は、マカオへ行くなら香港経由と、片道2,380円~のセールを開催!

セール期間は、2020年1月20日 ~2020年2月3日。

搭乗期間は、2020年1月27日~2021年1月31日までとなっています。

気になる運賃は、宮古(下地島)~香港線が最安値、片道2,380円~。

石垣~香港線は、片道2,480円~。

沖縄(那覇)~香港線は2,980円~。

鹿児島~香港線は、片道3,080円~。

長崎~香港線は、片道3,380円~。

熊本~香港線は、片道3,480円~。

広島・高松~香港線は、片道4,080円~。

東京(羽田)・東京(成田)・大阪(関西)・福岡~香港線は、片道4,180円~。

名古屋(中部)~香港線は、片道4,880円~。

燃油サーチャージや諸税等は別途必要です。

この価格で香港に行けるのですから、マカオへ行くなら香港経由との意味が分かりますね。

香港経由でマカオへ!片道2,380円~