チャイナエアラインは、台湾行きが往復20,000円の「年末セール」が好評で販売期間を延長しました。


チャイナエアラインは、台湾の最大の航空会社(フラッグ・キャリア)で、デルタ航空と同じスカイチームに加盟している航空会社です。

なので、格安ツアーなどでチャイナエアラインを利用した場合でも、デルタ航空のマイルが貯まります。

ANAと同じスターアライアンスに加盟している中国の航空会社(フラッグ・キャリア)、エア・チャイナ(中国国際航空)と名前が似ているので要注意!

このチャイナエアラインが、東京~台湾(台北・松山・高雄)、香港、東南アジア線を対象に「年末セール」を開催。

片道13,000円、往復20,000円と分かりやすい価格だったので大好評。

販売期間が、2020年1月13日(月)(日本時間)まで延長されました。

出発期間は、2020年1月1日(水)~19日(日)までです。

チャイナエアラインは、東京(羽田)~台北(松山)線を利用したことがあります。

成田空港と同様に、台北の松山空港は超便利。

松山空港は、台北中心街から5キロ程度の近さなので、タクシーの利用でも金額を気にする必要なありません。

この成田~松山線もセールの対象で往復2万円なのも、「年末セール」が大好評だった理由なのではと思います。

チャイナエアラインは、台湾行きが往復20,000円の「年末セール」を期間延!

対象路線は、東京(羽田)・東京(成田)発着~台湾(台北・松山・高雄)、香港、東南アジア線。

気になる運賃は、東京(羽田)・東京(成田)発着~台北(松山)・台北(桃園)・高雄線が、片道13,000円、往復20,000円。

香港・マニラ・ジャカルタ・スラバヤ・デンパサール・クアラルンプール・ペナン・シンガポール・ハノイ・ホーチミン・プノンペン・バンコク・ヤンゴン線が、片道16,000円、往復25,000円。

燃油サーチャージや諸税等は別途必要です。

東京発・年末セール(期間延長)