これは驚きのニュースです。


デルタ航空が、来夏までに成田空港から撤退するとのニュースを見て、日本から撤退するのか勘違いしてしまいました。

その詳細は、デルタ航空が日本から撤退するのではなく、成田空港から撤退し、にすべてのフライトを羽田空港に移管するとの事でした。

デルタ航空は、成田空港から撤退!

デルタ航空は、9月22日で東京(成田)~シンガポール線の運航を終了すると発表しており、2020年4月以降の東京(成田)~マニラ線の航空券の販売も取りやめています。

デルタ航空は、2020年の東京オリンピック前に成田拠点を放棄することを、アメリカ運輸省から仮承認されています。

羽田空港の発着枠5枠の獲得を挙げ、デルタ航空広報部も声明で事実であることを認めています。

ドル箱と言われている羽田空港の発着枠拡大。

羽田空港発着のシアトル、ポートランド、デトロイト、アトランタ、ホノルルを結ぶ5路線路開設を、アメリカ運輸省が仮承認しているとの事です。

成田空港発着便を羽田空港発着路線や、大韓航空とのコードシェアでカバー出来る状況との事。

羽田空港発着での運航が可能なら、成田空港から撤退しても問題ないですよね。

利用する立場でも、成田空港より羽田空港の方が便利なので。

Delta Air Lines to slash flights at Tokyo Narita Airport, increase presence in Haneda

 カテゴリ
 タグ