モバイルリサーチ業界NO1のネットエイジアが、「ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査」の結果を公表しました。


この調査は2019年で6回目となり、全国の30歳から59歳のビジネスパーソン2,000名のモバイルモニター会員を対象に実施されました。

「やってみたい旅テク」は、2018年に引き続き「ホテル料金比較サイト」が1位、「航空会社のバーゲン・セールを利用」が2位、「切符・航空券でネット割を利用」が3位となっています。

特典航空券のとりやすさは満足度は、ANAよりJAL!

「マイルを貯めて特典航空券(無料航空券)と交換」は4年連続で4位になっています。

「特典航空券の取りやすさ」は、6年連続でJALが1位になっています。

他の項目「予約可能枠の多さ」「希望日時での取りやすさ」「交換可能路線の充実具合」「キャンペーンのお得さ」では、「キャンペーンのお得さ」でJALが58.5%、ANAが51.0%と、こちらもJALが上回っています。

私は、JALのマイルをメインで貯めています。

特典航空券が獲得できない時も(有効期限などで)、JALのマイルはWAONに高レートで移行できるので。

ANAのマイルの方が貯めやすいという方も多くいますが、ANAの場合はカード利用のポイントもマイルに移行する必要があったりと個人的には面倒な感じ。

これらのこともあり、この様なアンケートでは、特典航空券のとりやすさは満足度はJALが1番なのかと思います。

2019年7月25日 ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査2019

 カテゴリ
 タグ
ANA