キャセイパシフィック航空は、香港エクスプレスの買収を完了したと発表しました。


香港エクスプレス航空は、2004年にフルサービスの航空会社として設立された航空会社です。

2013年10月27日にLCC(格安航空会社)として生まれ変わり、香港に「日帰り旅行」ができるLCCとして、羽田に就航。

2019年3月に キャセイパシフィック航空が総額49億3000万香港ドルで香港エクスプレスを買収。

その後も、2019年7月18日まで中国海航集團が香港で運営していのですが、2019年7月21日(日)に、香港エクスプレスの買収を完了したとの発表です。

キャセイパシフィック航空は、香港エクスプレス買収完了を発表!

これで、香港エクスプレスはキャセイパシフィック航空の完全子会社となります。

これは、ANAとピーチの関係みたいな感じですね。ピーチ同様に、独立したLCC(格安航空会社)として、運航を継続。

香港エクスプレスの運航はこれまで通りで変更はなく、さらなる価値ある運賃と新たなデスティネーションへのアクセスが可能になると、キャセイパシフィック航空は説明しています。

キャセイパシフィック航空は、JALと同じアライアンス、ワンワールドに加盟する航空会社です。

なので、今回の完全子会社化は、マイルでの航空券獲得など期待できそうですね。


Cathay Pacific Completes Acquisition of Hong Kong Express Airways - Cathay Pacific