ピーチ・アビエーションは、リクライニングした状態が基本のレカロ製の新シートを導入を発表しました。


このシートは、初めから15度倒れた状態に固定されたシートで、2019年に受領するエアバスA320ceo24号機から導入されます。

ピーチは、シートが15度倒れた状態に固定されたレカロ製の新シート導入を発表!

採用されるシートはレカロのSL3510モデルです。

このSL3510モデルは、人間工学に基づいたプレリクライニングデザインの設計で、背もたれが15度倒れた状態に固定されています。

スリムな座席構造なので、足元のスペースをこれまで以上に確保できます。

ピーチでは、主要顧客層である20代から30代の女性の従業員を中心に、機内シートの選定プロジェクトチームを発足させ、座り心地や耐久性などを総合的に評価し、SL3510モデルの導入を決定しました。

初めから15度倒れた状態に固定されたシートなら、安心ですよね。

シートを倒してゆったり休みたくても、席に着いたとたんにシートをリクライニングさせるのは、後席の方に迷惑にならないかと気を使ってしまうので。

それが、初めから倒れた状態が基本なら、気を遣う必要もないので嬉し事です。

2019 年から RECARO 社の最新モデルの座席を導入!
~北東アジアの LCC 初となるプレリクライニングシートを採用~


 カテゴリ
 タグ