JALと東京スカイツリーを運営する東武タワースカイツリーは、2017年9月9日から30日まで、東京スカイツリーで空の日特別企画「TOKYO SKY WORLD」を開催します。


2017年9月20日(水)~9月24日(日)の期間中は、東京スカイツリーがJALの機体をイメージした「赤」と「白」、空の「青」の三色による新しいデザインの「空の日」特別ライティングになります。

JALは、東京スカイツリーと共同で、特別企画「TOKYO SKY WORLD」を開催!

また、JALの歴史を展示する「JAL ミュージアム in TOKYO SKYTREE」も開催されます。

創業開始からのJALの歴史をパネルで紹介。

「航空機」、「客室乗務員の制服」、「機内サービス」、「客室仕様」など。

その時のエピソードなども紹介されます。

これで思うのは、倒産したときのエピソードや、その後の事など気になることも紹介してくてたら見に行きたいのですが、それはタブーで紹介されることはたいでしょうね。

国内線開設時の定期航空案内、国際線開設時の広告媒体、ジェット旅客機ダグラスDC-8導入時のパンフレットなどや、1960年代に仮契約した超音速ジェット旅客機(米国SST)のモデルプレーン、日本のエアラインとして初めて国際線に進出したときの絵筆書きによるポスターなど初公開の物も含めた、JALの歴史史料が公開されます。

私が個人的に知りたいのは、JASのこと。

マイレージサービスが始まった当初はJASのマイルを貯めていました。

JASはノースウエスト(現デルタ)航空と提携していたからです。

このJASはJALに吸収されてしまったので、その経緯などが展示されていたら嬉しいのですが、それもあり得ないことですね。

~JALの機体をイメージした「空の日」特別ライティングが初登場~

 カテゴリ
 タグ
JAL