JALの副操縦士が逮捕される事件がありました。酒に酔っての行動ですが、警察官に暴行を加えるなんて信じられないですよね。


これは、金沢市内起きた事件です。



泥酔したJALの副操縦士が警察官を殴って逮捕され、略式起訴されました。

この副操縦士は、罰金40万円を納付しました。 

起訴状などによると、この副操縦士は6月27日、羽田―小松便に乗務後、金沢市内で男性機長(49)と飲酒。

停車中のタクシー内で機長の顔を殴り、路上に頭を打ち付けるなどして軽傷を負わせ、通報で駆け付けた警察官を殴ったのです。

この事件により、副操縦士が乗務予定だった同28日の小松―羽田便が欠航しました。

これは、プライベートの時間なので、問題ないように思われるかもしれませんが、常識のない方が操縦する飛行機のは乗りたくないですよね。

たとえ、プライベートの時間でも、人に暴行を加える行為は問題だと思います。

この件に関して、JALは謝罪していますが、飛行機の操縦は、人の命がかかっています。

なので、機長や副操縦士は、性格も含め問題ない方を採用して欲しいです。

JAL副操縦士に罰金40万円 飲酒後に警察官殴る

 カテゴリ
 タグ
JAL