これは、韓国のLCC (格安航空会社)でイースター航空機で起きた事件です。

ソウル(仁川)発 清州行きのイースター航空機で、客室後方のドアがきちんと閉まっていないとの警告が。

飛行機のドアが閉まっていないとの警告で、CAにドアを抑えさせてフライト継続!

ですがこのイースター航空機は、客室乗務員にドアが開かないよう押さえさせ、そのまま飛行を続けていたのです。

これは、大事故にもつながりかねない事態です。

その後も、清州からの運航の際、ドアにテープを巻く応急措置のみを行い継続運航しています。

さらに、客室責任者の報告をイースター航空はもみ消そうとしたこが判り問題に。

機長は航空日誌への記載も行っていなかったので、当局の定めに違反したことから資格停止処分となりました。

韓国メディアの報道では、この機長は30日の資格停止処分を不服として訴えてたのですが、退けられたとのことです。

警告が出ているのですから、通常は空港到着後に機材変更となりますが、LCC (格安航空会社)なのでそれは避けたかったのでしょうね。

このニュースを初めて見た時は、飛行機のドアなので大問題が起きたかと思いましたが客室後方、機内のドアなので納得。

客室乗務員の方こそ、ドアが開かないよう押さえろとの指示なので迷惑だったと思います。

항공기 문열림 경고등에 '문 잡으라' 지시한 이스타항공 기장


夏旅ホテル総選挙 2015 「一度は泊まりたい!憧れの海外ホテル10選」


 タグ
None