この事件は、ヨーロッパの格安航空会社の中では最大の航路ネットワークを展開しているライアンエアで今月11日に起きました。

酔った乗客が、トイレと間違え飛行機ドアを開こうするハプニングが!気圧の影響で乗客たちは九死に一生を!

26歳の男性が、彼の初めての飛行でその緊張を紛らわすためにビールとウォッカを飲み、酒に酔った後、トイレに行こうとボーイング737の後ろのドアを開こうとしたのです。

しかも、彼はドアの取っ手を起こし、危機一髪のところまで行ってしまったのです。

それを見ていた乗客は呆然。

幸いなことに、航空機中の気圧が彼がドアを開けることを防いだのです。

乗客たちは九死に一生を得ました。

もし、ドアが空いてしまったら大惨事になっていましたから。

ダブリンに着いた後、彼は逮捕されました。

酔った上で行った危険ですが、これは乗客の命に関わる問題ですから。

酒に酔って、このような行動を行った男性は、罰金として160ポンドを支払うことに。

今回の事件は、ドアを開けようとして、気圧の問題で開かなく危険行為で罰金160ポンド。

もしドアが空いてしまったら、ボーイング737ですから相当な被害が出たのではと思います。

Drunken passenger attempts to open plane door on board Ryanair flight to Dublin | Mail Online


 カテゴリ
 タグ
None