新関西国際空港会社は、通信会社ソネットが提供するプリペイド式SIMカード「プリペイド LTE SIM」を、関西空港第1ターミナルの自動販売機で発売すると発表しました。

関空に、ソネットのプリペイドSIMカード自販機販売が!訪日客がターゲット

訪日外国人が主なターゲットで、4月22日から販売が開始されます。

このSIMカードは、NTTドコモのLTE回線に対応し、容量は100MB(メガバイト)と500MBの2種類から選択できます。

最大通信速度は上りが50Mbps(メガビット毎秒)、下りが150Mbps。

100MBは30日有効で3000円、500MBは60日有効で5000円です。

私も娘用に楽天のSIMカードを2回線使っています。

楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプランなら、月1GBで900円(税別)。

高速通信容量消化後の通信速度も300kbpsです。

端末も私が使っていた旧GALAXY NEXUSと、Amazonで購入したドコモのディズニーモバイルのい白ロム新品で7500円!

なので、この金額は、海外かの訪日客専用ですね

場所は関空第1ターミナル1階の国際線到着フロア南到着口と北到着口で、24時間販売されています。

プリペイド式SIMカードを、国内の国際空港で自販機販売するのは初めてとのことです。

逆に考えると、海外に行った時空港会社で500MB使えるプリペイドSIMカード自販機販売があり、5,000円で購入できたら買ってしまいますね。

500MBで利用できる目安は、動画サイト「ユーチューブ」の視聴では約250分、ウェブサイトの閲覧は約2000ページ分なので、一週間位の旅行ならこれで十分ですね。

So-netで販売場所一覧を見ると自販機は関空だけで、関店頭販売は以下の場所でもあります。

関西国際空港 1F国際線到着階(自動販売機)
成田国際空港 第一ターミナル・第二ターミナル、モバイルセンター
新千歳国際空港(2014年5月中旬販売開始予定)
あきばお〜 各店
BOOK OFF 新宿西口店 (2014年4月25日販売開始予定)
ビックウエスト・インターナショナル(池袋)
ラオックス 秋葉原店

Prepaid LTE SIM


 カテゴリ
 タグ
None