旅客機のトイレから金の延べ棒が!重量は1kgで、1億2000万円相当!

これはインドの話です。

旅客機のトイレから金の延べ棒が!1

インドのムンバイを本拠地とする航空会、ジェット・エアウェイズの旅客機ボーイング737のトイレから、金の延べ棒が発見されたのです。

このカバンの存在に気づいた清掃作業員が不審物として通報したため、爆弾処理班が駆けつける騒ぎになりました。

ですが、すると中から出てきたのは、重量は1kgの金の延べ棒だったのです。

金の延べ棒は合計24本、重量は1kgです。

旅客機のトイレから金の延べ棒が!3

その価値は、おおよそ7368万ルピー(1億2000万円)相当なのです。

刻印はドバイのもので、これだけ金の延べ棒が並ぶと圧巻ですね。

旅客機のトイレから金の延べ棒が!2

インドでは金の関税が10%にもかかるため、密輸が増加しているとのこと。

税関当局は密輸の疑いがあるとみて現在調査中です。

The Priciest Surprise Found in an Airplane Toilet


 タグ
None