これはアメリカ・シカゴから、イギリスへ向かうブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしていた、フランス人が、体重が重すぎることを理由に搭乗を拒否された時の話です。

数日前に朝日新聞に相撲取りの話がでていましたが、極度に太っている方は飛行機の旅はつらいそうです。

ビジネスクラスなどのは乗れないようで、エコノミー2席分を使うとか。

また、シートも倒すことが出来ないと出ていました。

ひじあてがあるからです。

そしてトイレが問題で、あまりに太っていると飛行機のトイレには入れないのです。

今回もこの関取同様な方の話です。

体重が重すぎることを理由に航空会社から搭乗を拒否された家族

フランス人のケビン・シュネさんは、アメリカで受けていたホルモン治療で体重が220キロに。

ブリティッシュ・エアウェイズ便に搭乗しようとしたところ、安全面で懸念があることを理由に搭乗を拒否されたのです。

飛行機で移動できないシュネさんは、しかたなくシカゴからニューヨークまで列車で向かい、大西洋を豪華クルーズ船で渡り帰国しました。

この搭乗を拒否したブリティッシュ・エアウェイズですが、足止めされた1週間のホテルと食事代を提供、航空券代金を全額返金したのです。

ブリティッシュ・エアウェイズ、ここまでする必要はないのではと個人的には思いますが。

でもさすがですね。

Too fat to fly? Frenchman who weighs 500 pounds denied flight back to France by British Airways 


 カテゴリ
 タグ
None