ロサンゼルス空港で、今月13日から14日にかけて、2夜連続で爆発騒ぎが起きました。

ロサンゼルス空港

ロサンゼルス市警によると、爆発物はいずれもドライアイスを使った装置とのことです。

その爆発物は、いずれも従業員が出入りする場所で見つかったので、空港関係者の犯行ではと見られています。

最初の爆発は13日午後7時ごろで、第2ターミナルの従業員専用トイレで起きました。

2回目の爆発は14日の夜、国際線ターミナルの駐機場、その時は爆発した残骸が見つかったのです。

さらに、市警の爆発物処理班が、もう一つの同じ仕組みの装置を発見しました。

まだ犯人が捕まったというニュースは出ていないので、ロサンゼルス空港に行かれる方は怖いですね。
 タグ
None