イタリア首都ローマ近郊のフィウミチーノ空港で、29日午後、乗客151人を乗せたスペインのマドリード発ローマ行きのアリタリア航空のエアバスA32型機が、一部の車輪が出ないまま空港の滑走路に緊急着陸する事故がありました。

アリタリア航空の旅客機は一部の車輪が出ないまま緊急着陸!

このパイロットは車輪が出ないことに気づき、事前に管制塔に連絡していたので大惨事にはなりませんでした。

旅客機は着陸の際、右側の車輪が出ていなかったことで、右側の翼が地面に向かって倒れ、滑走路脇に止まったのです。

NHKのニュースでは今のところ乗客にけがはないということでしたが、海外のニュースだと約10人が軽傷を負ったと報じられていました。

怖かったでしょうね。 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None