これは、ボーイングがANAから3機の追加777-300ER(飛行距離延長)航空機の注文を受けたと発表した事のニュースの情報です。

ANAの777-300ER

787は故障が多いから777に戻したのかな〜なんて思ったら、はじめから計算されていた事なのですね。

ボーイング787ですが、787-8が230席。787-9が270席、787-10が300席。

これに対し、777-300ERは365席と多く人が乗れるのです。

777-300ERの翼幅、胴体長は747-400よりも大きく、双発機としては世界最大との事です。

777-300ER(飛行距離延長)航空機と出ていたのですが、最大航続距離 7,880海里(14,594km)だと787-8
座席数223座席 航続距離8,500海里(15,700km)よりは少ないですね。

ANAの社長に話だと、「3機のボーイング777-300ER航空機の追加は、ANAグループの長距離飛行ネットワークをさらに強化するだろう。新しい777-300ER航空機の獲得は、我々が東京地区の空港スロットの拡大に投資することを可能にする」とのことです。

さらに、「我々はANAが777の経済性と安定性を、今一度確証したことを誇りとする。777-300ERはANAのネットワーク拡大に完璧なフィットを提供し、スロットが市場で継続的に開放されると共に追加的な柔軟性と戦略的なアドバンテージを与えるだろう」とボーイング商用航空機の社長もコメント。

タクシーだって最新型の車ではないですからね。
 カテゴリ
 タグ
None