米連邦航空局は、ボーイング最新鋭機787の運航停止措置を解除し、同機の運航再開を正式に認めました。

FAAの正式承認は、米国で787を運航しているユナイテッド航空が対象。

ただ、これを受け、国土交通省は、全日本空輸と日本航空にB787の運航再開を認めました。

両社はバッテリーシステムの改修や試験飛行など安全確認をした上で、6月から乗客を乗せる商業運航を再開する見通です。

FAAは、ボーイングから提示されたバッテリーの改善策を19日に承認し、事実上の運航再開許可を与えていました。

ゴールデンウイークの予定はすでに埋まったいますから、今日からボーイング最新鋭機787の運航を再開しても意味が無いでから。

 カテゴリ
 タグ
None