中堅航空会社のスカイマークが仕掛ける国際線への進出計画が具体化してきました。

大手の牙城である長距離の主要路線で超大型機を飛ばし、全席を上級クラスに限定するという大胆な試みに向け、操縦士の訓練など準備を着々と進めているのです。

一方で新たに近距離国際線への参入の検討も始めました。

格安航空会社の台頭に押され、業界屈指の収益力に陰りがみえ始めたなかでの大幅な事業拡大となるります。

ですが、西久保慎一社長は「勝算はある」とのことです。

「スーパージャンボ(巨象)」の愛称を持つA380は、史上最大のサイズに世界初の総2階建てで、ファースト、ビジネス、エコノミーの3クラスなら525席が搭乗可能。

同社による最新の想定では、まずは成田空港と米ニューヨークを結ぶ路線に就航する見通し。

将来的には就航都市を4~5に増やし、国内線と国際線の売り上げを半々にする青写真を描いています。

日本と欧米主要都市を結ぶ路線は、全日本空輸や日本航空の金城湯池で、真っ向勝負しても勝ち目はありません。

そこで考え出したのが、大量の客を運べる超巨大機のA380を導入して1席当たりのコストを下げ、合わせて全席をエコノミーより座席間隔が広いプレミアムエコノミーとビジネスに限ることです。

A380ならそれらに限定しても380席程度を確保できるのです。

想定する料金はビジネスで40万円以下、プレミアムなら20万円以下。

ビジネスで50万~100万円する日系大手の半値以下です。

同社は約6割の搭乗率で利益を出せるとみています。

私の会社も以前はビジネスクラス使えたのですが今はNGです。

私の弟の会社もビジネスクラスNGですが、プレミアムエコノミーは、エコノミークラスなのでOKだそうです。

なので、単に名前だけになりますが、個々の会社の出張規定を上手く攻略できるかが成功の鍵ではないでしょうか。
 カテゴリ
 タグ
None