上空での発煙で高松空港に緊急着陸したボーイング787の全日空機について運輸安全委員会は、初期の配線の誤りが修正されないまま運航していたことが確認されたと発表しました。

運輸安全委は発煙とは無関係としていますが、同社保有の同型機2機でも同様に運航していた可能性があり、運輸安全委で詳しい経緯を調べているとのこと。

運輸安全委によると、B787はメーンバッテリーのほか、同型の補助動力装置(APU)用バッテリーを搭載。

本来は2つはつながないが、トラブルのあった全日空機は回路などを通じてつながっていたのです。

同機など少なくとも初期に納入された機体の製造図面は、このように配線するようになっていたのです。

ところが、その後は図面は改訂されています。

二つのバッテリーは、回路が別になるよう改定されたのです。

全日空機は初期型ですから、二つのバッテリーの間が接続されており、ボーイング社の設計図上でもつながっていたということなのです。

図面を改訂するくらいなら、全日空機も初期不良の対応をするべきですよね~。

携帯電話ならともかく、飛行機なのですから。
 カテゴリ
 タグ
None