アメリカの連邦航空局(FAA)は、離発着時にすべての電子機器を利用禁止にする方針を見直しはじめたそうです。

また、今度は連邦通信委員会(FCC)が、機内におけるインターネット接続の敷居を下げてくれるすうです。

今でも機内でのインターネット自体は存在しています。

しかし問題は、機内のWi-Fiインターネット利用にあたって航空機ごとにFCCから承認を得なければいけないこと、そして今までその申請プロセスが存在しなかったことにあります。

その都度、暫定的な措置がとられていたので、なかなか物事が前進しない状況だったのです。

2012年末、FCCが新たにライセンス申請プロセスを発表したことで、今後は航空機におけるブロードバンド接続の導入障壁が劇的に下がることになります。

FCCのジュリアス・ジェナカウスキー(Julius Genachowski)委員長によると、少なくとも50%以上のスピードアップをはかり、「機内インターネット楽園時代」へ早く移行できるようにするということです。

PCよりもスマートフォンこれだけ普及していますから機内でのインターネット接続は大歓迎ですね。
 カテゴリ
 タグ
None