乗客270人を乗せてカナダからオーストラリアに向かっていたエア・カナダの旅客機がこのほど、遭難したヨットの捜索を依頼され、乗客乗員の協力を得て、海上を漂流していたヨットを無事発見したという出来事がありました。

エア・カナダ033便(ボーイング777型機)は16日、14時間の飛行を終え、オーストラリアに着陸する準備に入っていました。

そこへオーストラリアの海上保安当局から機長に連絡が入り、遭難したヨットの捜索に協力を要請されたということです。

ヨットは2週間前にシドニーを出港後、嵐に遭ってマストが折れ、燃料も底を尽いて、9日間にわたって漂流していました。

乗っていたグレン・アイさんは、「最初は自力でシドニーに戻れると思っていたが、自分の正確な位置も分からなくなって、救難信号を発信した」と話しています。

エア・カナダ機は進路を変更して高度3万7000フィート(約11キロ)から4000フィートに降下。

機長は乗客と乗員に、窓から眼下の海上に目をこらして、ヨットを探して欲しいと呼びかけたのです。

「何かが見える」という声が上がったのは、同機が右に旋回した直後でした。

機内は熱狂に包まれたそうです。

アイさんが救難信号を発してからエア・カナダ機に発見されるまでに、わずか25分でした。

ヨットはその後、商船に助けられ、ニューサウスウェールズ州の水上警察が17日に現場の海域に到着して無事救助されました。

  

 カテゴリ
 タグ
None