夏休み期間の国内ツアーは価格が高騰しており、お盆休みの旅行は諦めなくてはと思っていたら、海外は違うのですね。


ゴールデン・ウイークやお盆休みなど日本の休みが価格に反映されないのです。

お盆休みでも8月15・16出発は平日扱いで格安になっています。

夏休み出発、24,800円~の台湾ツアーに申し込みました1 

それなので、8月15出発のJTBツアー台湾ツアー24,800円~を申し込んできました。

24,800円~となっていますが、24,800円なのはDグレードホテル利用で航空会社はスクートの3日間ツアーA期間です。

A期間は、7月・9月の平日出発です。

今回申込んだのは、8月15出発になり、旅行カレンダーはC期間。

夏休み出発、24,800円~の台湾ツアーに申し込みました2 

羽田空港午後出発~松山空港午前~午後出発。

航空会社はチャイナエアラインかエバー航空。

ホテルはBグレードのガーラです。

基本料金は46,800円で羽田空港指定なのでプラス17,000円。

空港からホテルの送迎が1,000円なので合計64,800円(1人)です。

これが羽田空港午前出発~松山空港午午後出発ならプラス7,000円とお得なのですがキャンセル待ちが20名以上。

8月15出発で、旅行カレンダーはC期間。

成田空港発着で、観光付きのプランならBグレードホテルで64,800円。

同額で観光と食事もつき、エアラインはJALかチャイナエアライン。

こちらはキャンセル待ちが7名。

成田発の観光付きのプランを第一希望でキャンセル待ち、羽田出発ガーラプラン(予約は確定)を第二希望で申し込みました。

6月11日までに申し込めばさらに安かったようです。

このツアーは、9月になればA期間になるので格安、空きも十分あります。

お盆休みの海外旅行がこんなに安いとは思ってもいませんでした。


 カテゴリ
 タグ