JALは、ANAのピーチ(Peach Aviation)に対抗する新LCC(格安航空会社)のエアラインのブランド名が「ZIPAIR(ジップエア)」に決定したと発表しました。


ブランド名決定に伴い、設立していたティー・ビー・エルの社名も、「株式会社ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」に変更。

JALの新LCC(格安航空会社)ZIPAIRが誕生、成田~ソウル(仁川)・バンコク(スワンナプーム)線の2路線を開設!

「ZIPAIR(ジップエア)」の名称は、英語で矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語「ZIP」から生まれた造語で、「フライトの体感時間が短い」ことを表現しています。

また、郵便番号「ZIP CODE」が持つ「さまざまな場所に行ける」というイメージ、デジタルファイルフォーマットの「.zip」のイメージも含め、「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」との想いが込められています。

新エアラインのブランド名は「ZIPAIR(ジップエア)」で、新しい航空会社の社名は「ZIPAIR Tokyo」です。

ZIPAIR Tokyoは、社名決定にあわせ3月8日(金)、国土交通省に航空法第100条に基づく航空運送事業許可が申請されました。

使用機材は787-8で、事業内容は国際線中長距離の運行。

2020年夏スケジュールに成田~バンコク(スワンナプーム)線、成田~ソウル(仁川)線に就航することも発表されました。

???

成田~バンコク(スワンナプーム)線、成田~ソウル(仁川)線への就航ではインパクトがないですよね。

成田~ホノルル線、成田~グアム線の就航を期待します。

後発のLCC(格安航空会社)なのですから、ANAのピーチ(Peach Aviation)より先に、成田~ホノルル・グアム線に就航してほしいです。

国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』が誕生

 カテゴリ
 タグ