Tokyoのタグ記事一覧


タグ:Tokyo

Tokyoのタグが付いた記事一覧。マイルを貯めるための情報やキャンペーン、飛行機に関する面白ネタなどを紹介しています。

2023-05-31ZIPAIR
ZIPAIR Tokyoは、夏休み期間(2023年7月28日~8月25日まで)、東京(成田)=ホノルル線を増便すると発表しました。東京(成田)=ホノルル(ダニエル・K・イノウエ)線は現在週3往復。7月28日~8月10日は週6往復、8月11日~19日は週7往復、8月20日~25日までは週4往復に増便されます。運航スケジュール東京(成田)発 19:15 ~ ホノルル着 7:50。ホノルル発 9:50~ 東京(成田)着 13:10(翌日)。気になる運賃は?東京(成田)...

記事を読む

2023-01-16日系LCC(格安航空会社)情報
JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、バレンタインキャンペーン運賃を販売しています。LCC(格安航空会社)なので、燃油サーチャージは不要です。東京(成田)~ロサンゼルス線、東京(成田)~サンノゼ線が対象。東京(成田)~ロサンゼルス線成田発27,000円、ロサンゼルス発214ドル東京(成田)~サンノゼ線成田発27,000円、サンノゼ発214ドル上記運賃は、1席あたりの金額です。運賃額の他に、空港使用料及び各種諸税が別...

記事を読む

2022-07-18日系LCC(格安航空会社)情報
ZIPAIR Tokyoは、ソウル・バンコク・ホノルル線 2022年冬スケジュール期間搭乗分の販売を始めました。2022年10月30日(日)~2023年3月25日(土)運航便が対象です。東京(成田)~ソウル(仁川)線は週6便、東京(成田)~バンコク線は1日1便、東京(成田)~ホノルル線は週3便の運航。東京(成田)~シンガポール・ロサンゼルス線は、後日販売を開始するとのこと。12月には、東京(成田)~サンノゼ線開設も予定されています。ZI...

記事を読む

2022-04-19日系LCC(格安航空会社)情報
JAL系列の国際線LCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、東京(成田)~ホノルル線の販売を再開しました。使用機材は、ボーイング787-8型機で、座席数は2クラス290席。国際線LCC(格安航空会社)なので、東京(成田)~ホノルル線のエコノミークラスが片道19,800円~!下記の価格は、販売が停止される前の価格です。ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)が18席、Standard Value(エコノミークラス)が272席。ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)...

記事を読む

2021-09-26日系LCC(格安航空会社)情報
JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、2021年冬スケジュール期間搭乗分のチケット販売を開始しました。冬スケジュール期間は、2021年10月31日(日)~2022年3月26日(土)まで。いずれも東京(成田)発着便で、ソウル(仁川)線、バンコク(スワンナプーム)線、ホノルル線の販売です。今期よりホノルル線が増便され、週3往復の運航となります。気になる価格は、12月分の運賃詳細を調べると、片道27,504円~42,704円!12月2...

記事を読む

no-image

2020-09-21日系LCC(格安航空会社)情報
JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、10月に東京(成田)~ホノルル線に就航するとの事です。ANA系列のLCC(格安航空会社)ピーチ(Peach Aviation)に対抗し、中長距離の国際線として、アジア・ヨーロッパ・アメリカ方面への就航を目指し、2020年10月25日にはホノルルへの就航との事で話題になっていました。9月12日から、東京(成田)~ソウル(仁川)線に就航。これは、貨物専用便としての就航なのですが、早ければ9月...

記事を読む

2020-09-11未分類
JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、東京(成田)~ソウル(仁川)線就航を発表しました。ANA系列のLCC(格安航空会社)ピーチ(Peach Aviation)に対抗し、中長距離の国際線として、アジア・ヨーロッパ・アメリカ方面への就航を目指し、2020年10月25日にはホノルルへの就航との事で話題になっていました。使用される機材も、機材はボーイング787-8で、日本のLCCとしては唯一のワイドボディ機。座席クラスは、ZIP Full-F...

記事を読む

2020-05-24JAL
ZIPAIR Tokyoは、ANAのピーチに対抗してJALが新設したLCC(格安航空会社)。2020年5月14日に、東京(成田)~ バンコク(スワンナプーム)線に新規就航する予定だったのですが、新型コロナウイルスの問題で就航が延期になっていました。2020年冬ダイヤから、東京(成田)~ホノルル線に新規就航するとの事で、話題になっていた新LCC(格安航空会社)です。このZIPAIR Tokyoがついに就航するとのニュースです。新規就航するのは、東京...

記事を読む

2015-06-23空港
メルセデス・ベンツは、羽田空港第2旅客ターミナル地下一階の中央に、空港内初となる情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA」を7月22日にオープンすると発表しました。「Mercedes me Tokyo HANEDA」は、「「メルセデス・ベンツ コネクション」のコンセプトを引き継だ世界第3号店です。メルセデス・ベンツ コネクションは、東京の六本木と、大阪の梅田にあり、カフェやレストランラウンジを中心とした”日本発”の施設なのです。六...

記事を読む

ZIPAIRは、夏休み期間の東京(成田)=ホノルル線を増便、片道19,800円~!

  •  投稿日:2023-05-31
  •  カテゴリ:ZIPAIR

ZIPAIR Tokyoは、夏休み期間(2023年7月28日~8月25日まで)、東京(成田)=ホノルル線を増便すると発表しました。


東京(成田)=ホノルル(ダニエル・K・イノウエ)線は現在週3往復。

7月28日~8月10日は週6往復、8月11日~19日は週7往復、8月20日~25日までは週4往復に増便されます。

運航スケジュール
東京(成田)発 19:15 ~ ホノルル着 7:50。
ホノルル発 9:50~ 東京(成田)着 13:10(翌日)。

気になる運賃は?
東京(成田)→ ホノルル線
エコノミークラス「Standard Value」、片道19,800円~、
ビジネスクラス「ZIP Full-Flat」、片道59,800円~、
燃油サーチャージは不要で、空港の旅客施設使用料(PSFC)などが別途必要です。

エコノミークラス「Standard Value」、片道19,800円~も超お得ですが、フルフラットシート「ZIP Full-Flat」が片道59,800円~と言うのは気になりますよね。

ZIPAIRは、夏休み期間の東京(成田)=ホノルル線を増便、片道19,800円~!


販売開始は2023年5月30日(火) 12時からなので、すでに予約が殺到しているのではないかと思われます。

夏休み期間の東京(成田)=ホノルル線増便! ZIPAIR公式サイト

 カテゴリ
 タグ

ZIPAIRのバレンタインキャンペーン運賃は、ロサンゼルス線が片道27,000円(サーチャージ不要)!

JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、バレンタインキャンペーン運賃を販売しています。


LCC(格安航空会社)なので、燃油サーチャージは不要です。

東京(成田)~ロサンゼルス線、東京(成田)~サンノゼ線が対象。

ZIPAIRは、バレンタインキャンペーン運賃を販売、ロサンゼルス・サンノゼ線が片道27,000円!

東京(成田)~ロサンゼルス線
成田発27,000円、ロサンゼルス発214ドル

東京(成田)~サンノゼ線
成田発27,000円、サンノゼ発214ドル

上記運賃は、1席あたりの金額です。

運賃額の他に、空港使用料及び各種諸税が別途必要です。

販売期間は、2023年2月14日まで

対象搭乗期間は、2023年2月1日(水)~2月28日(火)までとなっています。

燃料サーチャージが高騰している状況で、東京(成田)~ロサンゼルス線が片道27,000円(燃料サーチャージ不要)は嬉しいですよね。

今後も、『ZIPAIR』は要チェックです!

『ZIPAIR』、ロサンゼルス、サンノゼ線バレンタインキャンペーン運賃を販売! シンガポール、ソウル線2023年夏スケジュール期間搭乗分を販売開始!



ZIPAIRは、冬スケジュールのホノルル線を販売、片道19,800円~、燃油サーチャージは不要!

ZIPAIR Tokyoは、ソウル・バンコク・ホノルル線 2022年冬スケジュール期間搭乗分の販売を始めました。


2022年10月30日(日)~2023年3月25日(土)運航便が対象です。

東京(成田)~ソウル(仁川)線は週6便、

東京(成田)~バンコク線は1日1便、

東京(成田)~ホノルル線は週3便の運航。

東京(成田)~シンガポール・ロサンゼルス線は、後日販売を開始するとのこと。

12月には、東京(成田)~サンノゼ線開設も予定されています。

ZIPAIRは、冬スケジュールのホノルル線を販売、片道19,800円~、燃油サーチャージは不要!

ZIPAIRは、LCC(格安航空会社)なので、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)は不要です。

親会社のJALは、燃油サーチャージが過去最高金額とっています。

2022年8月1日から9月30日発券分は、日本-ハワイ線の燃油サーチャージが片道30,500円と、ZIPAIRの航空券代より高額です。

燃油サーチャージこの様な金額となっているので、当分はハワイに行けないと思っていましたが、ZIPAIRならの燃油サーチャージは不要でホノルル線片道19,800円~!

これは嬉しいニューズなのですが、人気となり即完売しそうです。

2022年冬スケジュール期間搭乗分を販売開始

ZIPAIRは、東京(成田)~ホノルル線のデイリー運航を発表、連休期間中の追加運航も!

JAL系列の国際線LCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、東京(成田)~ホノルル線の販売を再開しました。


使用機材は、ボーイング787-8型機で、座席数は2クラス290席。

国際線LCC(格安航空会社)なので、東京(成田)~ホノルル線のエコノミークラスが片道19,800円~!

下記の価格は、販売が停止される前の価格です。

ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)が18席、Standard Value(エコノミークラス)が272席。

ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)が、片道59,800円~535,000円、

Standard Value(エコノミークラス)が、片道19,800円~392,000円。

U6 Standard Value(6歳以下の子供運賃)は、片道7,000円(定額)。

Standard Value(エコノミークラス)が、片道19,800円~392,000円。

誕生当初は、火・木・土曜の週3便の運航だったのですが、これがデイリー運航となります。

夏休み期間の渡航需要に応えての増便で、連休期間中の5月8日(日)も東京(成田)~ホノルル線が追加運航されます。

ZIPAIRは、東京(成田)~ホノルル線のデイリー運航を発表、連休期間中の追加運航も!

価格を調べると、円安の影響もあり当初の価格より高くなぅています。

詳細を調べるには、パスポート番号などを入力して購入画面に進む必要があるので出来ていません。

他のサイトの情報では、エコノミークラスが片道33,203円~、当初より高額になっているようです。

『ZIPAIR』、東京(成田)=ホノルル線をデイリー運航!

ZIPAIRは、2021年冬スケジュールの販売を開始、ホノルル線は片道27,504円~!

JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、2021年冬スケジュール期間搭乗分のチケット販売を開始しました。


冬スケジュール期間は、2021年10月31日(日)~2022年3月26日(土)まで。

いずれも東京(成田)発着便で、ソウル(仁川)線、バンコク(スワンナプーム)線、ホノルル線の販売です。

今期よりホノルル線が増便され、週3往復の運航となります。

気になる価格は、12月分の運賃詳細を調べると、片道27,504円~42,704円!

12月分の運賃詳細を調べると、片道27,504円~42,704円!

12月28日東京(成田)発~ホノルル線が42,704円、ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)は87,704円。

1月4日ホノルル発~東京(成田)線は28,516円、ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)は84,831円。

年末年始のホノルル線が往復で、71,220円です。

これは12月ならさらにお得!

12月28日東京(成田)発~ホノルル線が42,704円、ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)は87,704円。

1月4日ホノルル発~東京(成田)線は28,516円、ZIP Full-Flat(ビジネスクラス)は84,831円。

行きが12月25日発便なら27,504円、帰りは12月30日到着便なら23,468円と、往復50,972円でハワイに行けるのです。

Biz 事前座席指定 機内持ち込み手荷物1個+5KG(合計12KG) 4,800円、

Value 事前座席指定 機内食 (Standard) 受託手荷物(お預けの手荷物)1個 ~23KG 7,200円、

Premium 事前座席指定 機内食 (Standard) アメニティセット(トートバッグなし) 機内持ち込み手荷物1個+5KG(合計12KG) 10,500円などのオプションがあります。

機内に持ち込める手荷物は、規定サイズを満たす合計2個まで、重さは7㎏までは無料なので、上記オプションはそれ以上の荷物や機内食を希望する場合です。

コロナウイルス問題が無ければ、販売と同時に売り切れていたのではないかと思います。

この価格でホノルルに行けるのは嬉しい事なのですが、これは今だけなのかと思います。

コロナウイルス問題が解消され、ハワイに行けるようになったら、買いたくても買えない航空券になりそうです。

『ZIPAIR』、2021年冬スケジュール期間搭乗分を販売開始

JAL系列のLCC(格安航空会社)が、遂に東京(成田)~ホノルル線就航!

JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、10月に東京(成田)~ホノルル線に就航するとの事です。


ANA系列のLCC(格安航空会社)ピーチ(Peach Aviation)に対抗し、中長距離の国際線として、アジア・ヨーロッパ・アメリカ方面への就航を目指し、2020年10月25日にはホノルルへの就航との事で話題になっていました。

9月12日から、東京(成田)~ソウル(仁川)線に就航。

これは、貨物専用便としての就航なのですが、早ければ9月中のも旅客便の就航故を開始するとの事です。

LCC(格安航空会社)は、数社ホノルル線に就航していますが、いずれも大阪(関西)発着便。

遂に、東京(成田)~ホノルル線へのLCC(格安航空会社)就航です。

と言っても、ハワイは14日間の自主隔離が必要なのでハワイに行ける状況にはなっていないません。

ハアフターコロナを考え、実績を積みためにハワイへの赴任や留学、在住者の一時帰国といった利用を想定しての就航です。

ZIPAIR Tokyoのホノルル線は、週7往復(1日1往復)運航する予定です。

すでに米国運輸省(DOT)が7月10日付で営業許可を出しており、米国側との調整は順調。

ハワイ州政府による外国人の受け入れ態勢が整い次第、旅客便を就航させるとの事です。

使用される機材はボーイング787-8で、日本のLCCとしては唯一のワイドボディ機。



座席クラスは、ZIP Full-Flat (18席)、Standard (272席)の2種類。

これなので、LCC(格安航空会社)でも超格安にはならないかと思いますが、機内は快適に過ごせそうなので期待していました。

ZIPAIR Tokyoは、東京(成田)~ソウル(仁川)線就航を発表!

  •  投稿日:2020-09-11
  •  カテゴリ:未分類

JAL系列のLCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、東京(成田)~ソウル(仁川)線就航を発表しました。


ANA系列のLCC(格安航空会社)ピーチ(Peach Aviation)に対抗し、中長距離の国際線として、アジア・ヨーロッパ・アメリカ方面への就航を目指し、2020年10月25日にはホノルルへの就航との事で話題になっていました。

使用される機材も、機材はボーイング787-8で、日本のLCCとしては唯一のワイドボディ機。

座席クラスは、ZIP Full-Flat (18席)、Standard (272席)の2種類と、従来のLCC(格安航空会社)とは別物といった感じ。

当初は、2020年5月14日東京(成田)~バンコク(スワンナプーム)線に初就航する予定だったのですが、就新型コロナウイルスの感染拡大により就航は延期。

そして、2020円年6月3日に、貨物専用便として、東京(成田)~バンコク(スワンナプーム)線に初就航しています。

今回の発表も、貨物専用便としての就航です。

ZIPAIR Tokyoは、東京(成田)~ソウル(仁川)線就航を発表!

気になるのは、旅客便としての運航なのですが、これに関しては関係当局からの認可を取得し次第就航予定との事です。

今は、国際線に旅客便として就航出来る状況ではなく、準備は出来ていると言った感じですね。

『ZIPAIR』、9月12日より貨物専用便として東京=ソウル線就航
 カテゴリ
 タグ

JALの新LCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoが、東京(成田)~バンコク線に就航!

  •  投稿日:2020-05-24
  •  カテゴリ:JAL

ZIPAIR Tokyoは、ANAのピーチに対抗してJALが新設したLCC(格安航空会社)。


2020年5月14日に、東京(成田)~ バンコク(スワンナプーム)線に新規就航する予定だったのですが、新型コロナウイルスの問題で就航が延期になっていました。

2020年冬ダイヤから、東京(成田)~ホノルル線に新規就航するとの事で、話題になっていた新LCC(格安航空会社)です。

JALの新LCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoが、東京(成田)~バンコク線に就航!

このZIPAIR Tokyoがついに就航するとのニュースです。

新規就航するのは、東京(成田)~バンコク(スワンナプーム)線。

6月3日から貨物専用便として就航することが決定し、国土交通省に申請したとの発表です。

旅客便就航までの間、ボーイング787-8型機の貨物スペースを活用した貨物専用便として運航し、親会社のJALと共同運航を実施します。

旅客便の就航時期は、決定次第発表するとの事です。

LCC(格安航空会社)のビーチ路線は、大阪(関西)や名古屋(中部)発着便のみ。

JALの新LCC(格安航空会社)ZIPAIR Tokyoは、東京(成田)~ホノルル線に新規就航するとの事で話題になっていました。

私も、遂にLCC(格安航空会社)が東京(成田)~ホノルル線に新規就航すると期待していました。

このZIPAIR Tokyoが、貨物船ですが遂に新規就航となります。

この状況なので、東京(成田)~ホノルル線は、どうなるのかは分かりませんが期待大です。

『ZIPAIR』、6月3日より貨物便として就航

 カテゴリ
 タグ

メルセデス・ベンツは、空港内初の情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA」をオープン!

  •  投稿日:2015-06-23
  •  カテゴリ:空港
メルセデス・ベンツは、羽田空港第2旅客ターミナル地下一階の中央に、空港内初となる情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA」を7月22日にオープンすると発表しました。

メルセデス・ベンツは、空港内初の情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA」をオープン!

「Mercedes me Tokyo HANEDA」は、「「メルセデス・ベンツ コネクション」のコンセプトを引き継だ世界第3号店です。

メルセデス・ベンツ コネクションは、東京の六本木と、大阪の梅田にあり、カフェやレストランラウンジを中心とした”日本発”の施設なのです。

六本木にあるメルセデス・ベンツ コネクション UPSTAIRS は、ANAのマイレージの特典にもあります。

メルセデス・ベンツ コネクション UPSTAIRS お食事(ディナー)クーポン [食事する] 30,000マイルコース

ANAのマイレージの特典には、メルセデス・ベンツ 新車購入割引クーポン 100,000マイル も。

「Mercedes me Tokyo HANEDA」の店舗周り「ギャラリースペース」には最新モデルを常時展示。

「ラウンジスペース」では、デジタルデバイスを活用した双方向のブランド体験の場を提供。

「コレクションショップ」では、ファッションやライフスタイルの提案や、トラベルグッズ等の羽田空港限定商品も販売されます。

ANAのの特典もそうですが、メルセデス・ベンツとしては、飛行機を利用される方達が重要なターゲットだと考えているのでしょうね。

空港内初となる、自動車ブランドの情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA」をオープン、羽田空港で新たな取組み

メルセデス ミー 東京羽田 Mercedes me Tokyo HANEDA Facebook


Copyright © マイル☆スマイル! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます