ボーイング787 ドリームライナーは、従来機よりも燃費が良く、巡航速度も高速で、長距離運航が可能な最新鋭旅客機。

787は、機体重量の半分以上が「炭素繊維強化プラスチック」(CFRP)で構成されているので軽いのです。

炭素繊維は鉄の4分の1の重さで強度は10倍。

この機体重量を軽量化したことにより、燃費を20%も改善しています。

ですが、この最新鋭ボーイング787 ドリームライナーを運行しても、客室乗務員が全員肥満だったら?

意味無いですよね。

この機材軽量化と関係しているとは書かれていないのですが、インド国営航空会社のエアインディアは、客室乗務員125人にたいして、減量を指示しました。

客室乗務員の体重も重要な問題。エアインディア客室乗務員125人に減量を指示、できたかったら配置転換に!

減量できない客室乗務員は、地上職に配置転換されるので、客室乗務員の減量は絶対条件なのです。

» 記事の続きを読む




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>