イタルデザインと航空機大手の仏エアバス社は、空飛ぶEV「Pop.Up」を共同開発、ジュネーブモーターショー2017で発表しました。


空飛ぶEV「Pop.Up」は、モジュラー式の電動式ゼロエミッションカーです。

イタルデザインと航空機大手のエアバス社は、空飛ぶドローンEVを発表!

乗員が搭乗するのは「カプセル」と呼ばれるキャビン部分で、サイズは全長2.6m、全幅1.5m、全高1.4mと非常にコンパクト。

この「カプセル」が「グランドモジュール」とドッキングして地上を走り、「カプセル」上部に「エアモジュール」がドッキングすると空飛ぶドローンEVになる仕組み。

各モジュールはシェアリング・サービス提供会社の元で一元管理されるそうです。

一元管理されるので、地上を走行中に混雑している場合は、「エアモジュール」を呼び出し垂直離発着が可能なドローン型VTOL機に変身し、空路を使っての移動が可能に。

残された「グランドモジュール」は、自動で管理場所に戻る仕組みです。

これは、全く新しい「カーシェアリング」で、「自動運転」にも対応。

この「陸」「空」を使ったシェアリングサービスは、自動操縦を前提にエアバス社の技術力を活かし開発中。

使い将来の実現を目指しているとの事。

これが実現すれば、凄い事になりますね。

車の常識が変わってしまいそうです。

【ジュネーブモーターショー2017】EVにもドローンにも…イタルデザインとエアバスが共同開発



●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>