この調査は、インマルサットとGfKが実施した新たな調査で、乗客の92%が機内でインターネットを利用したいと回答でした。


航空会社はシートの快適性もあリマスが、上級クラスは食事での差別化も。

ところが、54%の方がネット接続は機内食より重要との回答だったのです。

飛行機を利用される方が最も重視するのはインターネット

このアンケートの結果だけで思うことですが、、エコノミークラスですが食事はアンパンかサンドイッチ。

飲料はペットボトルでそれ以外のサービス話。

デスはWi-Fi環境は万全でネット使い方なら、この方は歓迎されるとの結果ですね。

この調査は、インマルサットとGfkが27ヶ国の9,000人以上を対象に行った調査です。

飛行機を利用する92%の乗客が機内でインターネットを利用したいとの回答で、54%はインターネットの接続は機内食より重要であると回答でした。

航空会社を選択するに当たり、83%が機内でインターネットを提供する航空会社を選択したいとの回答です。

さらに、今後5~10年以内に機内でのインターネット接続は、現状のエンターテイメントシステムに取って代わることを期待しているという事で、乗客の34%は1回の搭乗で3台のモバイル機器を持ち込んでいるとの結果です。

ヨーロッパでは69%、アジア太平洋では67%、中南米では64%の方が有料でも機内インターネットを利用したいとの回答です。

通勤途中の電車内でも、スマホを利用されている方が多く、日常生活においてネットが使えることは常識となってしまったので、有料でも機内でネットを使いたい方が多いのですね。

私の場合は、機内での限られた時間なら、文庫本で対応可能ですが。

インマルサット:乗客の機内ブロードバンドに対する世界的な要望が過去最高に





●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
 タグ