春秋航空のタグ記事一覧


タグ:春秋航空

春秋航空のタグが付いた記事一覧。マイルを貯めるための情報やキャンペーン、飛行機に関する面白ネタなどを紹介しています。

2019-07-30格安航空会社(LCC)
春秋航空は、国際線が片道1,580円~の「祝!春秋航空14周年記念セール」を開催しています。セール期間は、2019年7月31日(水)12:00まで。搭乗期間は、2019年9月1日~10月26日まで。気になる運賃は、大阪(関西)~鄭州・大連線、名古屋(中部)~深セン線が最安値、片道1,580円~。大阪(関西)合肥・武漢・揚州線、名古屋(中部)~寧波線は、片道3,170円~。大阪(関西)広州・天津線、名古屋(中部)~上海(浦東)線は、片道...

記事を読む

2019-05-02日系LCC(格安航空会社)情報
春秋航空日本(Spring Japan)は、国内・国際線を対象に「ありがとう平成 こんにちは令和 737 SALE RETURNS」を開催しています。春秋航空日本は、Spring Japanとなり、新ブランド「SPRING」として運航しています。親会社の名前が残る春秋航空日本では、日本のLCC(格安航空会社)なのに、日本の会社と言うイメージがないので、「SPRING」に変えたのではと思います。この「SPRING」が、国内線・国際線を対象に、片道737円~のセール...

記事を読む

2019-04-11格安航空会社(LCC)
寧波(ニンポー)市は中国浙江省の東部にある都市で、杭州湾を挟んで上海の南方にあります。 沿海部の港湾都市として古い歴史を誇り、歴史文化名城に指定されています。唐・宋から海外貿易で栄え、早くから日本との往来が盛んだった寧波。春秋航空日本は、東京(成田)~寧波(ニンポー)線に就航します。東京(成田)~寧波線の就航で4月25日から週4便の運航。火・木・金・日曜の週4便で、エコノミークラス189席を配置したボーイ...

記事を読む

2018-08-13日系LCC(格安航空会社)情報
春秋航空日本は、2018年8月15日(水)12:00まで子期間限定で、「中国路線秋旅セール」を開催しています。気になる運賃は、大阪(関西)~揚州線、名古屋(中部)~寧波線、名古屋(中部)・高松・佐賀~上海(浦東)線が片道2,999円~。大阪(関西)~武漢・天津線、茨城~上海(浦東)線は片道3,999円~。札幌(新千歳)~上海(浦東)線は片道4,999円~。大阪(関西)~重慶線は片道6,999円~。いずれも燃油サーチャージや諸税、支...

記事を読む

2018-06-12格安航空会社(LCC)
春秋航空は、国際線が片道2,999円~の「中国を味わおう 国際線セール」を開催しています。国際線が対象なのですが、春秋航空の国際線なので、中国線のセールです。販売期間は、2018年6月15日(日)12:00まで。搭乗期間は、2018年9月1日~2018年10月27日までとなっています。気になる運賃は、大阪(関西)~揚州線、名古屋(中部)~寧波線、名古屋(中部)・高松・佐賀~上海(浦東)線が最安値、片道2,999円~。茨城~上海(浦東)...

記事を読む

2018-03-08格安航空会社(LCC)
春秋航空は、国際線を対象に、999セールを開催しています。999セールなので、片道999円かと思ったら、さすがに片道999円では元が取れないのでしょうね。999セールの内容は、片道2,999円~のセールでした。販売期間は、2018年3月9日(金)12:00~2018年3月15日(日)12:00まで。設定路線をみると、最安値 片道2,999円~なのは、大阪(関西)~重慶・天津・揚州線、名古屋~寧波線。名古屋(中部)・高松・佐賀・茨城~上海(浦東)線も2...

記事を読む

2018-01-10日系LCC(格安航空会社)情報
春秋航空日本は、日本~中国線を対象に、新春初売り999セールを開催しています。このセールは、日本発着の中国線が片道999円~とお得な価格で販売されているセールです。初売りセールは、2018年1月9日(火)昼12自スタートで1月15日(月)の正午まで。対象路線は、大阪(関西)発着~上海、重慶、武漢、天津、西安、揚州線。名古屋発着~寧波、上海線。東京(羽田)・茨城・高松・佐賀・札幌(新千歳)発着~上海線です。最安値は、大阪...

記事を読む

2017-12-25日系LCC(格安航空会社)情報
春秋航空は、国際線を対象に「2017年ファイナルビッグセール(クリスマスセール)」を開催しています。クリスマスセールでもあるので、販売期間は2017年12月26日昼12:00までの期間限定です。搭乗期間は、Spring Japan便は2018年1月10日~2018年2月5日まで、春秋航空便は2017年12月26日~2018年6月20までで、路線により異なります。最安値、片道999円~なのは、大阪(関西)~揚州線、名古屋~寧波線。名古屋・高松・佐賀~上海(...

記事を読む

2017-09-11格安航空会社(LCC)
春秋航空日本は、今月も日本~中国線が片道999円~となる「999キャンペーン」を開催しています。キャンペーン期間は、2017年9月15日(金)の午後12:00まで。搭乗期間は、2017年9月18日(月)~2018年3月31日(土)までですが、路線により異なります。設定路線と片道運賃は、大阪(関西)~上海・重慶・武漢・天津・西安・揚州線、名古屋~上海・寧波線が片道999円~。高松~上海線、佐賀~上海線も片道999円~。茨城・東京(羽田)~上...

記事を読む

2017-08-18日系LCC(格安航空会社)情報
トライベック・ストラテジーは、「Webユーザビリティランキング<国内線LCC編 2017>」を発表しました。第1位に選ばれたのは、成田空港を拠点とするバニラエア。「A.アクセス性」以外のすべての評価軸で1位を獲得するなど、全体的に高い評価となっています。この調査は、国内主要企業150社のウェブサイトを対象とした「主要企業Webユーザビリティランキング」で2017年6月下旬から7月中旬にかけて実施されました。国内線LCCランキン...

記事を読む

春秋航空は、国際線が片道1,580円~の14周年記念セールを開催!

春秋航空は、国際線が片道1,580円~の「祝!春秋航空14周年記念セール」を開催しています。


セール期間は、2019年7月31日(水)12:00まで。

搭乗期間は、2019年9月1日~10月26日まで。

春秋航空は、国際線が片道1,580円~の14周年記念セールを開催!

気になる運賃は、大阪(関西)~鄭州・大連線、名古屋(中部)~深セン線が最安値、片道1,580円~。

大阪(関西)合肥・武漢・揚州線、名古屋(中部)~寧波線は、片道3,170円~。

大阪(関西)広州・天津線、名古屋(中部)~上海(浦東)線は、片道4,770円~。

札幌(新千歳)~上海(浦東)線は、片道6,360円~。

大阪(関西)~重慶線、片道7,960円~。

今回のセールに、東京(成田)発着便が無いのは残念です。

国内線を運航しているのは、SPRING JAPAN(春秋航空日本)で、今回のセールは春秋航空の14周年記念セールです。

春秋航空は、2004年5月に中国で初めての民間資本系航空会社として設立された航空会社なのです。

春秋航空14周年記念 国際線セール 片道1,580円から 

 カテゴリ
 タグ

春秋航空日本は、国内線が片道737円~、国際線が片道970円~「帰ってきた737セール」を開催!

春秋航空日本(Spring Japan)は、国内・国際線を対象に「ありがとう平成 こんにちは令和 737 SALE RETURNS」を開催しています。


春秋航空日本は、Spring Japanとなり、新ブランド「SPRING」として運航しています。

親会社の名前が残る春秋航空日本では、日本のLCC(格安航空会社)なのに、日本の会社と言うイメージがないので、「SPRING」に変えたのではと思います。

この「SPRING」が、国内線・国際線を対象に、片道737円~のセールを開催しています。

春秋航空日本は、国内線が片道737円~、国際線が片道970円~「帰ってきた737セール」を開催!

セール期間は、2019年5月3日(金)12:00まで。

搭乗期間は、2019年5月14日~2019年10月26日までとなっています。

気になる国内線の運賃は、札幌(新千歳)~東京(成田)線が最安値、片道737円~。

東京(成田)線~札幌(新千歳)・広島線~東京(成田)線が片道1,999円~。

片道販売なので、同区間でも往路と復路で価格が違います。

国際線は、大阪(関西)~大連線が最安値、片道970円~。

名古屋(中部)~深セン線が、片道1,620円~。

佐賀~上海線が、片道3,000円~。

大阪(関西)~合肥・鄭州・広州線が、片道3,260円~。

東京(成田)線~寧波・天津・ハルビン・重慶・武漢線が、片道3,999円~。

名古屋(中部)~寧波線が、片道4,900円~。

名古屋(中部)・高松・茨城~上海線が、片道4,900円~。

大阪(関西)~天津・揚州線が、片道4,990円~。

札幌(新千歳)~上海線が、片道6,540円~。

大阪(関西)~重慶・武漢線が、片道8,180円~。

国内線、国際線とも、この価格なら、超お得ですよね。

737円~!ありがとう平成こんにちは令和セール-Spring japan

春秋航空日本は、東京(成田)~寧波線就航で、片道3,999円の就航記念セールを開催!

寧波(ニンポー)市は中国浙江省の東部にある都市で、杭州湾を挟んで上海の南方にあります。


沿海部の港湾都市として古い歴史を誇り、歴史文化名城に指定されています。

唐・宋から海外貿易で栄え、早くから日本との往来が盛んだった寧波。

春秋航空日本は、東京(成田)~寧波(ニンポー)線に就航します。

東京(成田)~寧波線の就航で4月25日から週4便の運航。

火・木・金・日曜の週4便で、エコノミークラス189席を配置したボーイング737-800型機での運航です。

成田国際空港が新たに導入したインセンティブ「朝発ボーナス」の国際線第1号。

片道運賃は5,100円~103,000円。

この東京(成田)~寧波線就航記念セールが開催されています。

春秋航空日本は、東京(成田)~寧波線就航で、片道3,999円の就航記念セールを開催!

セール期間は、2019年4月15日12:00まで、搭乗期間は、2019年4月25日~10月26日までとなっています。

寧波線就航記念セールは、片道3,999円~。

寧波線だけではなく、天津、ハルビン、重慶、武漢線も対象で、いずれも片道3,999円~。

支払手数料や空港使用料などは別途必要です。

LCC(格安航空会社)の新規就航は嬉しいですね。

寧波就航記念セール-Spring japan

 カテゴリ
 タグ

春秋航空日本は、日本~中国線が片道2,999円~の「中国路線秋旅セール」を開催!

春秋航空日本は、2018年8月15日(水)12:00まで子期間限定で、「中国路線秋旅セール」を開催しています。


気になる運賃は、大阪(関西)~揚州線、名古屋(中部)~寧波線、名古屋(中部)・高松・佐賀~上海(浦東)線が片道2,999円~。

大阪(関西)~武漢・天津線、茨城~上海(浦東)線は片道3,999円~。

札幌(新千歳)~上海(浦東)線は片道4,999円~。

大阪(関西)~重慶線は片道6,999円~。

春秋航空日本は、日本~中国線が片道2,999円~の「中国路線秋旅セール」を開催!

いずれも燃油サーチャージや諸税、支払手数料は含まれない。

春秋航空日本は、春秋航空などが出資する日本のLCC(格安航空会社)です。

別称は、Spring Japan。

日本の航空会社なので、今回の台風でもNHKで、ANAやJALと同様に、台風に夜欠航便の情報が放送されていました。

ネットでの評判もいいので、このセールはお勧め!

中国往復は1万円以内、これはお得だと思います。

国際線秋旅セール 片道2,999円から!

春秋航空は、国際線を対象に、片道2,999円~のセールを開催!

春秋航空は、国際線が片道2,999円~の「中国を味わおう 国際線セール」を開催しています。


国際線が対象なのですが、春秋航空の国際線なので、中国線のセールです。

販売期間は、2018年6月15日(日)12:00まで。

春秋航空は、国際線を対象に、片道2,999円~のセールを開催!

搭乗期間は、2018年9月1日~2018年10月27日までとなっています。

気になる運賃は、大阪(関西)~揚州線、名古屋(中部)~寧波線、名古屋(中部)・高松・佐賀~上海(浦東)線が最安値、片道2,999円~。

茨城~上海(浦東)線、大阪(関西)~天津・武漢線は片道3,999円~。

札幌(新千歳)~上海(浦東)線は片道4,999円~。

大阪(関西)~重慶線は片道6,999円~。

燃油サーチャージや諸税などは別途必要です。

春秋航空は、以前から国際線999セールを開催していましたが、今回のセールは片道2,999円~。

いずれの路線も、片道2,999円~、3,999円~、4,999円~、6,999円~と、下三桁は999円。

セール価格が高くなったように感じてしまいますが、そもそも国際線が片道999円はあり得ない金額。

それが、現実的な価格になっただけ。

この価格でも、超格安です。

国際線999セール 片道2,999円から | Spring Japan-Spring japan


 カテゴリ
 タグ

春秋航空は、国際線を対象に999セールを開催 片道2,999円~!

春秋航空は、国際線を対象に、999セールを開催しています。


999セールなので、片道999円かと思ったら、さすがに片道999円では元が取れないのでしょうね。

999セールの内容は、片道2,999円~のセールでした。

販売期間は、2018年3月9日(金)12:00~2018年3月15日(日)12:00まで。

春秋航空は、国際線を対象に、999セールを開催 片道2,999円~!

設定路線をみると、最安値 片道2,999円~なのは、大阪(関西)~重慶・天津・揚州線、名古屋~寧波線。

名古屋(中部)・高松・佐賀・茨城~上海(浦東)線も2,999円~。

東京(成田)~天津・ハルビン・重慶・武漢線は片道3,999円~。

東京(羽田)~上海(浦東)線、大阪(関西)~武漢・上海(浦東)線も3,999円~。

札幌~上海(浦東)線、大阪(関西)~西安線は4,999円~。

いずれも片道運賃で、燃油サーチャージや諸税は別途必要です。

対象搭乗期間は、3月30日~6月20日まで。

東京(成田)~天津・ハルビン・重慶・武漢線のみ3月25日~6月30日までとなっています。

中国行き路線のセールなので、いずれもはなじみのない場所ばかり。

ですがこの価格なら行ってみても損はないかと思います。

往復価格でも1万円以下なので。

国際線999セール 片道2,999円から-Spring japan

こちらの記事も人気です!

 カテゴリ
 タグ

春秋航空は中国線を対象に、初売りセールを開催、片道999円~!

春秋航空日本は、日本~中国線を対象に、新春初売り999セールを開催しています。


このセールは、日本発着の中国線が片道999円~とお得な価格で販売されているセールです。

春秋航空は中国線を対象に、初売りセールを開催、片道999円~!

初売りセールは、2018年1月9日(火)昼12自スタートで1月15日(月)の正午まで。

対象路線は、大阪(関西)発着~上海、重慶、武漢、天津、西安、揚州線。

名古屋発着~寧波、上海線。

東京(羽田)・茨城・高松・佐賀・札幌(新千歳)発着~上海線です。

最安値は、大阪(関西)~揚州線、名古屋発着~寧波線で、片道999円~。

大阪(関西)~天津線、名古屋~上海線は片道1,999円~。

高松・佐賀発着~上海線は片道1,999円~。

東京(羽田)・茨城~上海線は片道2,999円。

大阪(関西)~上海・重慶・武漢線は片道2,999円~。

札幌(新千歳)~上海線は片道4,999円~。

セールの対象搭乗期間は、2018年1月30日(火)~6月20日(水)まで。

上記運賃は、いずれも1席あたりの片道運賃で、燃油サーチャージや空港使用料などの諸税が別途必要です。

それでも、この価格で航空券が購入できるのなら、中国に行って見たいですね。

新年あけおめ・国際線999セール|Spring Japan

春秋航空は国際線を対象に、片道999円~の「2017年ファイナルビッグセール」を開催!

春秋航空は、国際線を対象に「2017年ファイナルビッグセール(クリスマスセール)」を開催しています。


クリスマスセールでもあるので、販売期間は2017年12月26日昼12:00までの期間限定です。

春秋航空は国際線を対象に、片道999円~の「2017年ファイナルビッグセール」を開催!

搭乗期間は、Spring Japan便は2018年1月10日~2018年2月5日まで、春秋航空便は2017年12月26日~2018年6月20までで、路線により異なります。

最安値、片道999円~なのは、大阪(関西)~揚州線、名古屋~寧波線。

名古屋・高松・佐賀~上海(浦東)線、大阪(関西)~天津線は片道1,999円~。

大阪(関西)~武漢・重慶・上海(浦東)線、東京(羽田)・茨城~上海(浦東)線は片道2,999円~。

東京(成田)~武漢・重慶・天津・ハルビン線、大阪(関西)~西安線は片道3,999円~。

札幌(新千歳)~上海(浦東)線は4,999円~。

燃油サーチャージ・施設使用料等・諸税は別途必要です。

上海以外は馴染みのない都市ですが、この価格なら行ってみたいですね。

2017年クリスマスセール|Spring Japan

春秋航空日本は、日本~中国線が片道999円~の「999キャンペーン」を開催!

春秋航空日本は、今月も日本~中国線が片道999円~となる「999キャンペーン」を開催しています。


キャンペーン期間は、2017年9月15日(金)の午後12:00まで。

春秋航空日本は、日本~中国線が片道999円~の「999キャンペーン」を開催!

搭乗期間は、2017年9月18日(月)~2018年3月31日(土)までですが、路線により異なります。

設定路線と片道運賃は、大阪(関西)~上海・重慶・武漢・天津・西安・揚州線、名古屋~上海・寧波線が片道999円~。

高松~上海線、佐賀~上海線も片道999円~。

茨城・東京(羽田)~上海線は片道2,999円~。

東京(成田)~天津・ハルビン・重慶・武漢線は片道3,999円~。

札幌(新千歳)~上海線は片道4,999円~。

燃油サーチャージや諸税、支払手数料は別途必要です。

座席数限定・先着順なので、気になる方は早めの予約をお勧めします。

予約はお早めに!

関東在住なので、片道999円でなくても、上海線の片道2,999円が気になります。

これが買えるのなら、中国に行きたいです。

オトクに秋を満喫春秋航空国際線セール片道999円~

 カテゴリ
 タグ

この夏の旅行で利用したい国内線LCCランキングは意外な結果、Peachが最下位に!

トライベック・ストラテジーは、「Webユーザビリティランキング<国内線LCC編 2017>」を発表しました。


第1位に選ばれたのは、成田空港を拠点とするバニラエア。

この夏の旅行で利用したい国内線LCCランキングは意外な結果、Peachが最下位に!

「A.アクセス性」以外のすべての評価軸で1位を獲得するなど、全体的に高い評価となっています。

この調査は、国内主要企業150社のウェブサイトを対象とした「主要企業Webユーザビリティランキング」で2017年6月下旬から7月中旬にかけて実施されました。

国内線LCCランキングなので、対象となるのは国内線を運航する格安航空会社(LCC)「ジェットスター」「Peach」「バニラエア」「春秋航空」の4社で、公式サイトを対象に使い勝手や安全性などの評価です。

バニラエア同様にPeachも高評価かと思ったら、なんとPeachは4社の中で最下位です。

ジェットスターが第2位で、「ナビゲーションの使いやすさ」を除くすべての評価軸で2位を獲得。

春秋航空が第3位、最下位4位のピーチは「ナビゲーションの使いやすさ」で評価が著しく低くなっていました。

この、国内線LCCの4社が獲得したスコアを「Webユーザビリティランキング2016<企業サイト編>」の150社ランキングにあてはめると、バニラエアが55位に相当、ジェットスターが135位、春秋航空が147位、ピーチが149位です。

これと比べ、JALは35位、ANAは37位ですから、格安航空会社(LCC)は全体的に低評価という結果。

国内大手航空会社と比べてしまうと、差は大きいですね。

この夏の旅行シーズンに利用したい! 国内線LCC(格安航空会社)のWebサイト使い勝手1位はバニラエア


Copyright © マイル☆スマイル! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます