バニラエアのタグ記事一覧


タグ:バニラエア

バニラエアのタグが付いた記事一覧。マイルを貯めるための情報やキャンペーン、飛行機に関する面白ネタなどを紹介しています。

2017-10-22格安航空会社(LCC)
バニラエアは、国内線5路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催しています。セール期間は、2017年10月25日(水)まで。設定路線は、東京(成田)~大阪(関西)線が最安値、片道1,980円~。この価格なら新幹線や高速バスと比べても格安。USJに行くのに最適。大阪での宿泊も、格安ビジネスホテルなら一泊5,000円程度なので、深夜バスより快適ですね。東京(成田)~沖縄線、大阪(関西)奄美大島線は2,480円~。東京(成田)~奄...

記事を読む

2017-10-13日系LCC(格安航空会社)情報
バニラエアは、2017年10月13日(金)18:00から、国内・国際線3路線を対象に「わくわくバニラSALE!」の販売を開始します。セール期間は、2017年10月13日(金)18:00~10月18日(水)23:30まで。設定路線と片道運賃の詳細は、東京(成田)~札幌・函館線が2,480円~、東京(成田~~香港線が5,980円~。国際線の燃油サーチャージは無料で、空港使用料や諸税・支払手数料が別途必要です。搭乗期間は、2017年11月6日~2018年1月31日ま...

記事を読む

2017-10-08日系LCC(格安航空会社)情報
バニラエアは、冬でもあたたかい南国行の便を対象に、「冬でもあったか南国セール!」を開催しています。このセールは、2017年10月11日(水)23;30までの期間限定で、搭乗期間は10月21日~2018年1月31日まで、路線により異なります。冬でもあったか南国セール!は「わくわくバニラSALE!」です。設定路線は、東京(成田)発着の沖縄線・奄美大島線、大阪(関西)発着の奄美大島線、沖縄発着の台北(桃源)線。東京(成田)~沖縄線は...

記事を読む

2017-10-01日系LCC(格安航空会社)情報
成田空港を拠点とするANA系列のLCC(格安航空会社)バニラエアは、2017年10月4日(水)23時30分までの期間限定で、わくわくバニラセールを開催しています。今回のわくわくバニラセールは3路線が対象で、国内線は東京(成田)~札幌線、国際線はセブ・台北線です。セール対象の搭乗期間は、2017年10月29日(日)~2018年1月31日(水)まで。路線により異なります。気になる運賃は、東京(成田)~札幌線が片道2,980円~、東京(成田)~セブ...

記事を読む

2017-09-23格安航空会社(LCC)
バニラエアは、国内線4路線を対象に片道1,980円~の「わくわくバニラSALE!」を開催しています。セール期間は9月27日(水)23:30まで。設定路線は、東京(成田)~大阪(関西)線、大阪(関西)~奄美大島線が最安値の片道1,980円~。東京(成田)~函館・奄美大島線が2,980円~。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要。搭乗期間は10月11日~ら2018年1月31日まで(路線により異なります)。座席数には限りがあり、一部設定のない日...

記事を読む

2017-09-10日系LCC(格安航空会社)情報
バニラエアは、2017年9月13日23:30分までの期間限定で、国内線・国際線7路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催しています。設定路線は、東京(成田)~札幌(新千歳)・函館線が最安値の片道1,980円~。大阪(関西)~奄美大島線も片道1,980円~です。東京(成田)~沖縄(那覇)線は片道2,480円~。東京(成田)~奄美大島線は片道2,980円~。国際線の設定路線は、東京(成田)~台北(桃園)線が片道3,980円~。東京(成...

記事を読む

2017-08-25日系LCC(格安航空会社)情報
バニラエアは、国内LCC(格安航空会社)初のポイントプログラム「バニラエア ポイント」を9月1日より導入します。マイルではなくポイントなのは、距離により加算されるのではなく、購入金額の1%のポイントが加算されるからです。航空券代金や座席指定料金、受託手荷物料金の購入金額の1%のポイントが、搭乗日の1週間後に加算されます。有効期限はボーナスポイントを除いて2年間。たまったポイントは、ネット(バニラエアのサイ...

記事を読む

2017-08-20格安航空会社(LCC)
バニラエアは、8月23日(水)23:30までの期間限定で、国際線5路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催しています。私はお盆休みの台北旅行から帰ってきたばかりですが、台北は良いですね。この台北行きが格安なのです。沖縄~台北(桃園)線が片道3,580円~。東京(成田)~台北(桃園)線は3,980円~。東京(成田)~高雄線は4,580円~。大阪(関西)~台北(桃園)線は4,580円~。東京(成田)~セブ線は7,880円~。空港使...

記事を読む

2017-08-18日系LCC(格安航空会社)情報
トライベック・ストラテジーは、「Webユーザビリティランキング<国内線LCC編 2017>」を発表しました。第1位に選ばれたのは、成田空港を拠点とするバニラエア。「A.アクセス性」以外のすべての評価軸で1位を獲得するなど、全体的に高い評価となっています。この調査は、国内主要企業150社のウェブサイトを対象とした「主要企業Webユーザビリティランキング」で2017年6月下旬から7月中旬にかけて実施されました。国内線LCCランキン...

記事を読む

2017-08-11格安航空会社(LCC)
バニラエアは、東京(成田)~沖縄線・函館線を対象にわくわくバニラSALE!を開催しています。販売期間は、2017年8月14日11:30分まで。気になる価格は、東京(成田)~沖縄線が3,480円~。東京(成田)~函館線は4,380円~。旅客施設使用料、支払い手数料が別途必要となります。搭乗期間は、東京(成田)~沖縄線は10月1日~28日まで。東京(成田)~函館線は9月20日~10月28日まで。LCC(格安航空会社)は、機内食が有料だったり...

記事を読む

バニラエアは、国内線5路線を対象に片道1,980円~のセールを開催、成田~沖縄線は2,480円~!

バニラエアは、国内線5路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催しています。


セール期間は、2017年10月25日(水)まで。

バニラエアは、国内線5路線を対象に片道1,980円~のセールを開催、成田~沖縄線は2,480円~!

設定路線は、東京(成田)~大阪(関西)線が最安値、片道1,980円~。

この価格なら新幹線や高速バスと比べても格安。

USJに行くのに最適。

大阪での宿泊も、格安ビジネスホテルなら一泊5,000円程度なので、深夜バスより快適ですね。

東京(成田)~沖縄線、大阪(関西)奄美大島線は2,480円~。

東京(成田)~奄美大島線は2,980円~。

大阪(関西)~函館線は3,980円~。

搭乗期間は、2017年11月10日~2018年1月31日までですが以下の2路線は異なります。

東京(成田)~大阪(関西)線は2017年11月13日~2018年1月31日まで。

大阪(関西)~函館線は2017年12月13日~2018年1月3日まで。

空港使用料・諸税などは別途必要。

座席数には限りがあり、一部設定のない日・便があります。

わくわくバニラSALE!



●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
 カテゴリ
 タグ

バニラエアは、札幌・函館が片道2,480円~、香港が5,980円~のわくわくバニラSALEを開催!

バニラエアは、2017年10月13日(金)18:00から、国内・国際線3路線を対象に「わくわくバニラSALE!」の販売を開始します。


セール期間は、2017年10月13日(金)18:00~10月18日(水)23:30まで。

バニラエアは、札幌・函館が片道2,480円~、香港が5,980円~のわくわくバニラSALEを開催!

設定路線と片道運賃の詳細は、東京(成田)~札幌・函館線が2,480円~、東京(成田~~香港線が5,980円~。

国際線の燃油サーチャージは無料で、空港使用料や諸税・支払手数料が別途必要です。

搭乗期間は、2017年11月6日~2018年1月31日まで。

座席数には限りがあり、一部設定のない日・便があります。

年末年始などは、対象外ですね。

それにしても、この価格で飛行機を利用しての旅行が出来るのですから、わくわくバニラSALEはお得ですね。

札幌は、過去2回行ったことがあります。

初めて行ったときは、銀座と歌舞伎町が一緒になったような街でビックリしました。

それより、ウニやイクラが格安なのに美味しくてびっくり。

グルメな方には、このわくわくバニラSALEはお勧めです。

わくわくバニラ 東京(成田)=香港/札幌/函館 セール




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

バニラエアは、沖縄・奄美線を対象に片道2,480円~の「冬でもあったか南国セール!」を開催!

バニラエアは、冬でもあたたかい南国行の便を対象に、「冬でもあったか南国セール!」を開催しています。


このセールは、2017年10月11日(水)23;30までの期間限定で、搭乗期間は10月21日~2018年1月31日まで、路線により異なります。

冬でもあったか南国セール!は「わくわくバニラSALE!」です。

バニラエアは、沖縄・奄美線を対象に片道2,480円~の「冬でもあったか南国セール!」を開催!

設定路線は、東京(成田)発着の沖縄線・奄美大島線、大阪(関西)発着の奄美大島線、沖縄発着の台北(桃源)線。

東京(成田)~沖縄線は、片道2,480円~。

大阪(関西)~奄美大島線も、片道2,480円~。

東京(成田)~奄美大島線は、片道2,980円~。

沖縄~台北(桃園)線は3,580円から。

燃油サーチャージは不要、空港使用料や諸税・支払手数料などが別途必要です。

搭乗期間は10月21日から2018年1月31日までですが、路線により異なります。

これを見て思ったのは、この価格なら沖縄を観光してから台湾(台北)に行くのもありですね。

LCC(格安航空会社)は、片道での販売なのでこれが可能。

帰りの便は、他のLCC(格安航空会社)で探せば、ツアーにはない周遊旅行に格安で行けるのです。

ANAやJALで貯めた10,000マイルは、10,000円相当のポイントに移行出来ます。

LCC(格安航空会社)を利用すれば、1万円以下で海外旅行に行けます。

格安で旅行に行くためには、マイルを貯めて特典航空券を獲得することだと思っていましたが、今やその常識が変わってしまいましたね。

冬でもあったか南国セール!わくわくバニラ




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

バニラエアは、札幌線が2,980円~、台北線が4,980円~のわくわくバニラセールを開催!

成田空港を拠点とするANA系列のLCC(格安航空会社)バニラエアは、2017年10月4日(水)23時30分までの期間限定で、わくわくバニラセールを開催しています。


今回のわくわくバニラセールは3路線が対象で、国内線は東京(成田)~札幌線、国際線はセブ・台北線です。

セール対象の搭乗期間は、2017年10月29日(日)~2018年1月31日(水)まで。

路線により異なります。

バニラエアは、札幌線が2,980円~、台北線が4,980円~のわくわくバニラセールを開催!


気になる運賃は、東京(成田)~札幌線が片道2,980円~、東京(成田)~セブ線が8,880円~、東京(成田)~台北(桃園)線が4,980円~。

国際線の場合も燃油サーチャーは無料。

販売座席数に限りがあり、一部に設定のない日、便があります。

台湾(台北)旅行は、ハワイ旅行に次ぐ人気。

これがこの価格なのですから嬉しいですよね。

台北に行くなら松山空港が便利で、桃園空港は不便と思っている方もいると思いますが、2017年3月2日にMRT桃園空港線が開通しています。

以前は空港からはバスで往復するのが主流で1時間以上かかっていましたがMRTの開通で、桃園空港~台北も40分以下、バスではないので時間が計算できて便利になっています。

これなので、LCC(格安航空会社)利用の台北線が人気なのですね。

セブ線が8,880円~もお得です。

セブ島は、以前からモルディブに行くかセブに行くか比較されていたビーチリゾート。

私は、モルディブに行ったことがありますが、その時はスリランカでトランジットと、遠い国でした。

それが、セブ島ならANA系列のLCC(格安航空会社)が直行便を運航。

バニラエアのわくわくバニラセールなお得ですね。

わくわくバニラ 東京(成田)=札幌/セブ/台北 セール




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

バニラエアは、国内線が片道1,980円~の「わくわくバニラ」セールを開催、成田~奄美大島線も2,980円~!

バニラエアは、国内線4路線を対象に片道1,980円~の「わくわくバニラSALE!」を開催しています。


セール期間は9月27日(水)23:30まで。

バニラエアは、国内線が片道1,980円~の「わくわくバニラ」セールを開催、成田~奄美大島線も2,980円~!

設定路線は、東京(成田)~大阪(関西)線、大阪(関西)~奄美大島線が最安値の片道1,980円~。

東京(成田)~函館・奄美大島線が2,980円~。

空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要。

搭乗期間は10月11日~ら2018年1月31日まで(路線により異なります)。

座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。販売期間は9月27日午後11時30分までで、なくなり次第終了となる。

このわくわくバニラ」は、座席数限定のセール。

この価格なら、抽選で航空券プレゼントと変わらない気がします。

現在はサラリーマンで自由に休めないので、セールでの航空券購入は厳しいですが、リタイヤされた方にはお勧め!

予定のない方なら、航空券が買える日程を探して購入できるので。

わくわくバニラ 東京(成田)=函館/大阪/奄美大島・大阪(関西)=奄美大島 セール !



●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
 カテゴリ
 タグ

バニラエアは、国内・国際線7路線を対象に、片道1,980円~の「わくわくバニラSALE!」を開催!

バニラエアは、2017年9月13日23:30分までの期間限定で、国内線・国際線7路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催しています。


設定路線は、東京(成田)~札幌(新千歳)・函館線が最安値の片道1,980円~。

バニラエアは、国内・国際線7路線を対象に、片道1,980円~の「わくわくバニラSALE!」を開催!

大阪(関西)~奄美大島線も片道1,980円~です。

東京(成田)~沖縄(那覇)線は片道2,480円~。

東京(成田)~奄美大島線は片道2,980円~。

国際線の設定路線は、東京(成田)~台北(桃園)線が片道3,980円~。

東京(成田)~香港線は4,580円~。

上記金額は、施設使用料や諸税、支払手数料が別途必要です。

また、国際線の場合の燃油サーチャージは無料です。

バニラエアのセールは、東京(成田)発着便。

ピーチのセールは、大阪(関西)発着便。

バニラとピーチの差別化が明確になってきましたが、これで思うには、バニラとピーチが合弁して、バニラピーチになった方が便利なのではと思います。

バニラエア、わくわくバニラSALE!




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

バニラエアは、ポイントプログラム導入で、もれなくポイントや全路線を搭乗できるペア往復航空券プレゼントキャンペーンを開催!

バニラエアは、国内LCC(格安航空会社)初のポイントプログラム「バニラエア ポイント」を9月1日より導入します。


マイルではなくポイントなのは、距離により加算されるのではなく、購入金額の1%のポイントが加算されるからです。

バニラエアは、国内LCC初のポイントプログラムを導入で、もれなくポイントや全路線を搭乗できるペア往復航空券プレゼントキャンペーンを開催!

航空券代金や座席指定料金、受託手荷物料金の購入金額の1%のポイントが、搭乗日の1週間後に加算されます。

有効期限はボーナスポイントを除いて2年間。

たまったポイントは、ネット(バニラエアのサイト)から予約に限り、100ポイント以上、100ポイント単位で1予約につき最大2,000ポイントまで利用できます。

利用者都合での払い戻しはポイントの払い戻しはできない。欠航時には払い戻しを行う。

この「バニラエア ポイント」の会員登録キャンペーンが始まりました。

2017年9月30日までに会員登録をされ方の中から、就航全路線を1回ずつ搭乗出来るペア往復航空券が抽選1名様にプレゼントされます。

また、2017年9月30日までに会員登録をされた方には、もれなく100ポイントがプレゼントされます。

さらに、2017年9月1日~12月31日までに搭乗された会員の方全員に、初回利用便のポイントと同じポイント数がプレゼントされます。

会員登録は無料なので、キャンペーン時に登録するのがお勧めです。

Vanilla Air Point 会員登録キャンペーン




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

バニラエアは、国際線5路線を対象に3,580円~のセールを開催!成田~桃源3,580円~!

バニラエアは、8月23日(水)23:30までの期間限定で、国際線5路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催しています。


私はお盆休みの台北旅行から帰ってきたばかりですが、台北は良いですね。

この台北行きが格安なのです。

バニラエアは、国際線5路線を対象に3,580円~のセールを開催!成田~桃源3,580円~!

沖縄~台北(桃園)線が片道3,580円~。

東京(成田)~台北(桃園)線は3,980円~。

東京(成田)~高雄線は4,580円~。

大阪(関西)~台北(桃園)線は4,580円~。

東京(成田)~セブ線は7,880円~。

空港使用料や諸税、支払手数料が別途必要です。

台北旅行の場合、桃園空港は成田空港のイメージ。

松山空港は羽田空港のイメージ。

松山空港は実際のイメージでは、大井競馬場に空港があるくらいの近さ。

桃園空港も、地下鉄が開通しているので交通は便利になりましたが。

これらを計算して、LCC(格安航空会社)を利用する場合も羽田発がお得か、桃園空港がお得か。

滞在時間と宿泊数を考慮して計画を立てれば、国内旅行よりお得になります。

わくわくバニラ 東京(成田)/大阪(関西)/沖縄=台北・東京(成田)=高雄/セブ セール




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
 カテゴリ
 タグ

この夏の旅行で利用したい国内線LCCランキングは意外な結果、Peachが最下位に!

トライベック・ストラテジーは、「Webユーザビリティランキング<国内線LCC編 2017>」を発表しました。


第1位に選ばれたのは、成田空港を拠点とするバニラエア。

この夏の旅行で利用したい国内線LCCランキングは意外な結果、Peachが最下位に!

「A.アクセス性」以外のすべての評価軸で1位を獲得するなど、全体的に高い評価となっています。

この調査は、国内主要企業150社のウェブサイトを対象とした「主要企業Webユーザビリティランキング」で2017年6月下旬から7月中旬にかけて実施されました。

国内線LCCランキングなので、対象となるのは国内線を運航する格安航空会社(LCC)「ジェットスター」「Peach」「バニラエア」「春秋航空」の4社で、公式サイトを対象に使い勝手や安全性などの評価です。

バニラエア同様にPeachも高評価かと思ったら、なんとPeachは4社の中で最下位です。

ジェットスターが第2位で、「ナビゲーションの使いやすさ」を除くすべての評価軸で2位を獲得。

春秋航空が第3位、最下位4位のピーチは「ナビゲーションの使いやすさ」で評価が著しく低くなっていました。

この、国内線LCCの4社が獲得したスコアを「Webユーザビリティランキング2016<企業サイト編>」の150社ランキングにあてはめると、バニラエアが55位に相当、ジェットスターが135位、春秋航空が147位、ピーチが149位です。

これと比べ、JALは35位、ANAは37位ですから、格安航空会社(LCC)は全体的に低評価という結果。

国内大手航空会社と比べてしまうと、差は大きいですね。

この夏の旅行シーズンに利用したい! 国内線LCC(格安航空会社)のWebサイト使い勝手1位はバニラエア





●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

バニラエアは、国内線2路線でわくわくバニラSALE!を開催、沖縄線が片道3,480円~!

バニラエアは、東京(成田)~沖縄線・函館線を対象にわくわくバニラSALE!を開催しています。


販売期間は、2017年8月14日11:30分まで。

バニラエアは、国内線2路線でわくわくバニラSALE!を開催、沖縄線が片道3,480円~!

気になる価格は、東京(成田)~沖縄線が3,480円~。

東京(成田)~函館線は4,380円~。

旅客施設使用料、支払い手数料が別途必要となります。

搭乗期間は、東京(成田)~沖縄線は10月1日~28日まで。

東京(成田)~函館線は9月20日~10月28日まで。

LCC(格安航空会社)は、機内食が有料だったり、手荷物の問題などがあり、当初スクートを利用して計画していた夏休みの台北旅行、結局はチャイナエアラインにしてしまいました。

ですが、国内旅行なら問題ないですよね。

東京(成田)~沖縄線が3,480円~。

沖縄往復が1万円以下!

成田空港に行くのは多少不便ですが、この価格なら問題ないですね。

この価格なら、週末一泊二日の沖縄旅行もありですね。

わくわくバニラ 東京(成田)=沖縄、函館 セール




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポ
イント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
Copyright © マイル☆スマイル! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます